顔汗で肌荒れ?汗が原因で起こる5つの肌トラブルとは?

admin 顔汗原因

約4割の女性が、汗が原因の肌トラブルで悩んだ経験アリというアンケート結果があります。

Q.汗に関する肌トラブルで悩んでいることはありますか?

ある……38.2%
ない……61.8%

https://woman.mynavi.jp/article/160814-89/)より引用

かゆくなる、かぶれる、あせもができるなど、様々な症状がありますが、汗が原因で肌荒れするとご存知でしょうか。

また、汗のせいでシワやたるみができやすくなるのもご存じでしたか。

2回シリーズの今回は肌トラブルの原因をご紹介します。

顔汗で肌荒れの原因は?

汗による肌荒れは次の様な原因で起こりやすいです。

顔や首筋は皮膚が薄く、汗の影響を受けやすい箇所です。それぞれの原因を探り解決策を見つけましょう。

①汗が肌を弱くする

肌は本来、外からの刺激に対する防護壁の役割を担っています。しかし、汗をかくことにより肌がふやけてしまいます。ふやけた肌は傷つきやすく、紫外線やほこりが容易に肌にダメージを与えてしまいます。赤みやかゆみはこちらが原因で起こります。

②汗は肌を乾燥させる

汗をかくと、乾燥肌になるという事を聞いたことはありませんか。潤いはバリア機能でもあります。水溶性の汗は水分と親和性が高く角質層内の水分が汗と共に蒸発してしまい、肌が乾燥する原因となります。乾燥肌になると肌もボロボロになりかゆみが生じてしまう上、角質層の水分(潤い)が減ることで、ばい菌やホコリが肌に侵入しやすくなり①の様な肌荒れの原因ともつながってしまいます。

②-1 汗が原因のシワ

乾燥が原因で起こる恐ろしい現象の一つにシワができやすくなります。冬に目元や口元、額などに乾燥によるシワが発生することと同じ原理で、肌の柔軟性がなくなり角質層が乱れてシワになりやすくなります。ケアを怠ると時間が経つごとにどんどんシワが深くなり、年齢より老けて見える原因にもなってしまいます。

②-2汗が原因のたるみ

たるみも同じ理由で、肌が乾燥してしまうと肌の深部にある肌を支える成分である「コラーゲン」や「エラスチン」が減少してしまいます。山から必要な土が流出してしまうと、土砂崩れが起きてしまう事と同様に、この成分がなくなってしまと肌の土台が崩れてしまい、たるみの原因となります。

具体的には、乾燥してしまうと、肌を守る潤いバリア機能が低下して、紫外線が肌にダメージを与えます。コラーゲンやエラスチンは、紫外線の影響で変形してしまい、肌を支えられなくなります。そして、シワやたるみができてしまうのです。

③汗が出すぎる

汗をかきすぎると、汗の通り道である汗腺や毛穴が詰まりやすくなります。汗が詰まると肌の中で炎症が起きてしまい、あせもや赤みの原因となります。あせもというと子供にできるイメージがありますが、大人でも生まれつき汗っかきの方も注意が必要ですし、体質変化で、汗をかきやすくなった方も注意していただきたい症状です。また近年では、クールビズの影響でオフィスの冷房の温度を上げている会社も少なくありません。暑くて汗が出ても、すぐ着替える事や汗を拭く事ができない方も多いのではないでしょうか。この方々は汗が詰まりやすく「大人あせも」になってしまう可能性もあります。

あせもには3種類ありますが、いずれも早めに汗ケアする事が大事です。(あせも記事を書いた場合はリンクを張る。

④汗で金属が溶け出す

ネックレス・ピアスを付けている方も汗に注意が必要です。汗が原因で、金属がイオン化(金属の分子が汗で溶け出す)することで、角質層に入り込んでしまいます。分子は目には見えませんが、免疫が反応してアレルギーが出てしまうことがまれにあります。これが、汗が原因で金属アレルギーが発症してしまう理由です。

⑤汗が原因で雑菌が繁殖する

汗の成分は、水・塩分・尿酸・アミノ酸などです。汗自体には雑菌はいませんが、皮膚にいる雑菌は肌の表面で汗・皮脂・角質が混ざった物質をエサとします。したがって、汗をかけばかくほど雑菌が繁殖する元となる「エサ」が供給されてしまい、菌が増殖します。また、かいた汗を放置していると皮脂や角質が混ざり、毛穴をふさいでしまいニキビの原因になる「アクネ菌」や癜風(でんぷう=カビが皮膚表面に付着し、黒くもしくは白く見える病気の事)の原因となるカビの繁殖温床になってしまいます。

 

【まとめ】

汗自体はかいて悪いものではありません。むしろ汗をかかない事で老廃物の排出ができなくなり、汗腺が退化し汗の質がドロドロの汗になる可能性もあります。その汗は、雑菌も好みより肌荒れの原因や、臭いの悪化など悪循環に陥ってしまいます。

ここで挙げた菌も『常在菌』として皮膚に存在している普段は影響がない菌です。完全に殺菌してしまような強力な薬を使うと、外部の菌に対して抵抗力が失われ、肌トラブルの原因にもなります。

次回は顔汗が原因の肌トラブルの対処法をご紹介いたします。