知ってた?汗と毛穴の種類のハナシ

  admin 顔汗原因

ベタベタなのかダラダラなのかどっちかわからないけど、顔汗がイヤ!

もしかして、汗と皮脂で違いがあるの?毛穴との関係は?

この記事では、汗と皮脂と毛穴についてわかりやすく解説していきます。

1.知らなかった!毛穴の種類

私たちの身体には、およそ120万個の毛穴が存在し、そのうちの20万個は顔にあると言われています。その毛穴にも種類があり、「脂腺性毛包」、「終毛性毛包」、「軟毛性毛包」の3つの種類の毛穴があります。

それぞれの特徴を簡単にご説明します。

1-1.脂腺性毛包(しせんせいもうほう)

脂腺性毛包は、3つの毛穴の中でとても活発に皮脂の分泌をする毛穴で、皮脂を大量に排出することで産毛を生やしています。

ニキビができてしまうのは、この脂腺性毛包がある毛穴です。

角栓で毛穴が塞がれ脂が溜まっていくと、白いプツッとした白いニキビになります。

そしてアクネ菌が溜まり押し上げられたニキビは酸化し、外見的にも目立ってきます。

炎症を起こしてしまうと腫れあがり、痛みを伴う赤ニキビへと発展します。

炎症が進み、毛穴の下部に膿が溜まった状態が続くとダメージが真皮層にまで及んでクレーターができてしまうのです。

この脂腺性毛包は、顔以外にも腕や胸、背中など広い範囲に存在します。

1-2.終毛性毛包(しゅうもうせいもうほう)

毛髪やムダ毛などの目立つ体毛は、この終毛性毛包から生えています。

脂腺性毛包ほどではありませんが、発達した脂腺を持っています。

この毛穴から分泌される皮脂は、毛の成長と同時に古くなった角質も排出されるので、ニキビができる可能性はほとんどありません。もし万が一、ニキビが出たとしても自然治癒で大丈夫です。

1-3.軟毛性毛包(なんもうせいもうほう)

この毛穴は、産毛などの細く柔らかい毛を生やしています。

脂腺がほとんど発達していないため、皮脂の分泌。

毛の成長過程で脂腺性毛包や終毛性毛包に変化する可能性があります。

2.汗腺と皮脂腺の違い

毛穴の種類がわかったところで、今度は皮脂腺と汗腺の違いをご紹介します。

2-1.皮脂腺

皮脂腺のほとんどは肌の真皮層にありますが、手のひらや足の裏には皮脂腺がありません。

気温が高くなると、皮脂の量は増加します。

最も皮脂腺が多いのは頭皮で、次に額、鼻のいわゆる「Tゾーン」に多く存在しています。

2-2.汗腺

エクリン汗腺

私たちがかく汗のほとんどは肌の大部分に存在するエクリン汗腺という毛穴とは別に単独で存在している肉眼では見えないほど小さい汗腺から出てきます。

このエクリン汗腺から出る汗の99%が水分で、主に体温調節の役割として排出されます。ほとんどが水分なので、臭うということはありません。

密集度は異なりますが、手のひら、足の裏、額、頭、背中に多く存在しています。そんなエクリン汗腺ですが、まぶたには少なく、唇には存在しません。

「汗かいたなぁ・・・」と感じていなくても、1日約1リットルの汗が私たちの身体から排出されています。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺はエクリン汗腺とは違い、全身にありません。

毛穴の中に存在しているアポクリン汗腺から排出される汗は、エクリン汗腺から排出される汗とは対照的に水分が少なく、尿素、脂肪、アンモニアなどの成分が大半を占めています。

ベタ~ッとしたイヤな汗は、このアポクリン汗腺から排出されている汗です。

3.気を付けて!皮脂の過剰分泌

肌がベタベタするからこまめに洗顔をしているけど、

なかなかテカリがおさまらない・・・。

実はコレ、毛穴が開いてしまう負のサイクルなのです。

洗顔の度に肌から油分が奪われ、乾燥から守ろうと皮脂を分泌します。

その結果必要以上に皮脂を分泌しオイリー肌になってしまうのです。

しっかり保湿をしてハリや弾力を与えてあげましょう。

4.頬と鼻、同じケアしてない?

鼻と頬では、毛穴の目立ち方が違います。

頬は、顔の中でも広い部分なので、紫外線や食生活の影響を受けやすいパーツです。

洗顔フォームをもったり重みが出るまで泡立て、優しくなでるように洗います。

これだけで十分汚れが落ちるので、力を入れて洗う必要はありません。

きめ細かな泡が毛穴の奥まで入り汚れを浮かして取るといわれています。

ゴシゴシなんてしてしまうと毛穴が伸びてたるんでしまいます。

洗顔後は収れん作用のあるサラッとした化粧水をたっぷりと与えてあげましょう。

鼻は、出っ張っている部分なのでクレンジングがしにくいパーツです。

メイクの落とし忘れが皮脂と混ざり黒ずみに発展してしまうこともあります。

オイルタイプのポイントメイクリムーバーなどで

ゆっくりと時間をかけて優しく洗いましょう。

洗顔後は収れん作用のある化粧水を使用後、

保湿力の高い美容液でしっかりと保湿をします。

入浴時は、お風呂の湿度で顔の毛穴が開く、髪→身体→顔の順番で洗うのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか??

毛穴ケアで大切なのは、「保湿」です。

汗をかいたから毛穴が・・・と神経質にならずに、きちんとケアをしてツルツルな毛穴レスな顔を目指しましょう♪