【顔汗体験談】30歳過ぎてから、汗かきがひどくなりました

admin 顔汗原因

「30歳を過ぎてから、汗の量がひどくなったんです。でも私は32歳ですから、更年期にはまだ早いですよね。一体、何が原因なのでしょうか」という美沙さん(32歳・仮名)。

最近は、美沙さんのような30歳前後の女性で、汗かきに悩む人が増えています。これは何が原因なのでしょうか。そして、対策方法はあるのでしょうか。

32歳女性「30過ぎて汗がひどい」

「20代の頃は、クーラーなしでも平気だったのに、30歳過ぎてから、ひどい汗っかき体質になったんです」そう語るのは、32歳の美沙さん(仮名)。やせ形の体型で小柄な女性です。

美沙さんは、どのあたりの汗が一番気になっているのですか?

「特に気になるのは額の汗です。あとは脇の下、首筋、胸元、太もも。もう身体のいたるところに汗をかきます。」

汗をかきやすい場所は、汗腺の数や密度に影響しますからね。額や手のひら、足の裏は汗腺の密度が濃く、汗をかきやすいんです。また、首筋や関節の裏など汗が蒸発しにくいところは蒸れやすいので、少量の汗でも気になりますよね。

「そうですね。顔は人目につきやすいので気になります。膝の裏や太ももは頻繁にふくことができない場所なので、本当に気になります。」

 

洋服選びも「汗対策」メインに

汗をかくようになって、変わったこともあるということですが。

「そうですね。洋服を選ぶ際も『汗対策』メインで選ぶようになってしまいました。

それと、特に暑い時期には、速乾性の服を着るようにしています。速乾性の洋服は、すぐに乾くのでとても重宝しています。」

 

美沙さんのような汗かきの人にとって、衣類選びは非常に大切です。

汗で洋服が肌に密着して不快だというだけではなく、汗の蒸発が悪い洋服だと、体温調節がうまくできず、健康に悪影響を及ぼすこともあるからなのです。

汗かきの人は、速乾性だけでなく、通気性、吸収性のよい衣服を選ぶようにすると、より快適に過ごせると思います

30代女性の多汗の原因

最近、美沙さんのように「30歳を過ぎてから、汗かきがひどくなった」という方がいます。しかし通常は、皮脂腺やエクリン腺(発汗を専門とする汗腺)の機能は年齢とともに衰えるので、汗は年をとるとかきにくくなるはずなのです。

ただし、これが女性の場合だと例外があります。

女性が年を取って女性ホルモンが低下してくると、汗をかきやすくなります。更年期になると多汗になりやすいのはそのためです。

しかし更年期は、45~55歳の時期になるのがほとんどです。ですから、20代や30代といった若い世代で、更年期障害のような症状が現れるのは、自律神経の乱れが原因である可能性が高いといえるでしょう。

 

女性ホルモンと多汗

女性ホルモンの周期と多汗は、大きな関係があります。

女性ホルモンのうち、体温を高くする黄体ホルモンは汗を多く出す働きがあり、卵胞ホルモンは汗を抑える働きがあります。そして、これらの相互作用がうまく働き、汗が多くなったり少なくなったりしているのです。

美沙さんのように、30歳を過ぎてから汗の量が増えたというケースでは、このホルモンのバランスがくずれている可能性があります。

 

体型と多汗

体型が多汗に影響することもあります。

太った人は皮下脂肪が断熱材のような働きをするため、体内に熱がこもりやすくなるからです。

美沙さんはやせ型なので、体型が原因とは考えにくいのですが、運動をしたり食事をしたりして熱が身体にたまった時には熱の放出が阻害されてしまうため、体温を下げるために、多くの汗をかいている、という可能性も考えられます。

 

室内熱中症や慢性疲労

その他、仕事の忙しさから運動不足となり、汗をかく機会が少なくなってしまったために汗腺の機能が低下することがあります。

そして、汗腺の機能が低下してしまうと、夏場の暑い時になると身体は体温の上昇を防ぐたために、必要以上に多量の汗をかくようになってしまいます。

これは、「代償性発汗」といって、顔やわきの下など発汗が活発な個所で、他の部分で出るはずだった汗を代わりに出して体温の調節を行う作用が働くからです。そのため、汗腺が衰えると、衰えていない汗腺から必要以上に多量の汗をかくようになるのです。

この症状が続くと、いわゆる「室内熱中症」「慢性疲労」と呼ばれる症状があらわれる場合がありますし、自律神経やホルモン系の中枢にある視床下部のバランスがくずれてしまうこともあります。

適度に汗をかく機会を持つように心がけ汗腺の機能を鍛えることは、汗かきを防止するために大変重要なのです。

 

「30代を過ぎてから汗かきになるケースの対策」まとめ

以上、30代を過ぎてから汗かきになるケースの原因についてご紹介してきました。

これまで述べてきたように、30代の多量の汗は更年期というには早過ぎるため、女性ホルモンの乱れか、もしくは運動不足のために汗腺の機能が低下していることが原因であると考えられます。適度な運動を心がけ、女性ホルモンを整える食事をとるなどすると良いでしょう。

女性ホルモンのバランスを整える食品成分としては、大豆に含まれるイソフラボンが有効です。豆腐や納豆、豆乳などは毎日摂取するのがおすすめです。

なお「汗がベトベトしていて、においも気になる」という人は、自律神経や甲状腺の疾患が原因である可能性もありますので、医療機関を受診してみましょう。