汗、頭痛…、女性の美と健康をつかさどる「女性ホルモン」

  admin 顔汗原因

「突然、顔だけ大量に汗をかく」「普段よりイライラする」「頭痛がひどい」…このような女性の身体の不調は、女性ホルモンのバランスがくずれたことが原因の場合があります。

 

女性ホルモンがきちんと分泌されることは、女性が健康で美しく生活するためにとても大切なのですが、睡眠が十分にとれなかったり、心身にストレスをため込んでしまったり…といった小さなことの積み重ねで、バランスをくずしてしまいがち。

 

それでは、女性ホルモンをしっかり分泌させ、女性ホルモンと上手に付き合っていくためには、どのような工夫が必要なのでしょうか。

 

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、女性の毎月の身体のリズムを整えるためのホルモンです。

女性ホルモンの分泌量は、一生でわずかスプーン1杯ほどといわれていますが、たったそれだけの量であるにも関わらず、思春期に生理が始まってから50代で閉経を迎えるまでの数十年という間に、毎月の生理のリズムをつかさどり、女性の肌や髪の毛、心身のコンディションにまで大きな影響を与えているのです。

女性ホルモンがしっかりと分泌され、その働きを存分に発揮できる状態をつくることは、女性にとって毎日美しく健康に、快適に過ごすためにとても大切なことなのです。

 

残念ながら、この女性ホルモンの分泌量は、30代後半から急激に減少していきます。

けれども、この分泌量が低下するスピードは、食事や睡眠、日々のちょっとした工夫でゆるやかにすることができます。

 

2つの女性ホルモン

女性の心身のコンディションを整える女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンとの2種類あります。

 

エストロゲンは、肌や髪の新陳代謝を促し、はりやつやを保つために欠かせないホルモンです。また、エストロゲンは、免疫力を強化したり血流を改善する働きもあります。

生理が終わると、なんとなく肌の調子が良いと感じたことはありませんか?それは、このエストロゲンの働きによるものです。

 

プロゲステロンとは、簡単にいうと女性の身体を「母の身体」にするホルモンです。妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、体温を下げたりする働きをして、子宮内を受精卵にとって居心地の良い状態に整えます。

生理前になると、体重が増えたり肌荒れに悩む女性がいますが、それは、このプロゲステロンの働きによるもの。女性にとって生理前の不調はありがたくないものではありますが、プロゲステロンは、いつ訪れるか分からない妊娠・出産に備えるための働きをしているのです。

 

ホルモンバランスのチェック

エストロゲンとプロゲステロンは、どちらか片方の分泌量が多すぎたり少なすぎたりすることなく、バランスが整っていることが必要です。

そこで、体調や症状から、エストロゲンとプロゲステロンの分泌状態をチェックしてみましょう。

 

○エストロゲン チェック

 

  1. 手足は冷えているのに、顔だけ汗をかく
  2. すぐに疲れ、その疲れがなかなかとれない
  3. 顔色が悪いと言われる
  4. 頭頂部の髪の毛が薄くなった気がする
  5. 胸元が痩せた気がする
  6. 落ち込むことが多い
  7. 生理の経血が少ない
  8. 生理不順だ
  9. ほてりやのぼせを感じる
  10. 肌が乾燥する

 

「エストロゲン チェック」で該当する項目が多かった場合は、エストロゲン不足である可能性があります。

エストロゲン不足を解消するためには、食事面の見直しが必要。とくに肉や魚、大豆などのたんぱく質は、ホルモン生成に大きな影響を与えますので、積極的に摂取するようにしましょう。

 

○プロゲステロン チェック

 

  1. むくみやすい
  2. 甘いものが無性に食べたくなる
  3. 熟睡できない
  4. お腹が張ってると感じる時がある
  5. 胸やお腹、太ももに脂肪がつき始めた
  6. イライラすることが多い
  7. 生理痛がひどい
  8. 生理3日目を過ぎても経血量が多い
  9. 生理前になると、頭痛がひどくなる
  10. 生理前になると、顔がむくむ

 

「プロゲステロン チェック」で該当する項目が多かった場合は、プロゲステロン不足である可能性があります。

プロゲステロンの分泌バランスが崩れてしまうと、いつも体全体が重くてだるかったり、精神的なストレスを感じやすくなってしまいます。

プロゲステロン不足を解消するためには、まずは睡眠をしっかりととって、リラックスすることが大切です。また、身体がむくんでいる時には、身体をよく温めるようにしましょう。

40度前後のお湯に浸かって体を芯から温め、身体を温める食材(しょうがや旬の野菜など)を積極的に摂取するよう心がけましょう。

 

女性ホルモンを元気にする食生活

ダイエットのために炭水化物や肉などを避けて、野菜中心の食事を摂る人がいます。一見ヘルシーに見えますが、実はこのような食生活は女性ホルモンには大ダメージ。

女性ホルモンの主原料は、お肉屋お魚に多く含まれるたんぱく質が欠かせないので、これらが不足してしまうと、ホルモンバランスが大きく乱れてしまいます。

ダイエットしたい女心は十分理解できますが、栄養バランスのよい食事を摂ることは、女性ホルモンの働きを整えますので、女性らしい美しさにつながるものです。

「本当の意味できれいになる」ためには、女性ホルモンを元気にする食生活がとても大切なのです。

 

卵や魚のたんぱく質

ダイエットを意識して、お肉やお魚を控えようとする女性がいますが、お肉やお魚に含まれるたんぱく質は、女性ホルモンを生成する大切な栄養素です。

野菜やフルーツでビタミンやミネラルをどんなに補ったところで、たんぱく質がなければホルモンの分泌を促すことはできません。

 

たんぱく質は、お肉やお魚、豆腐や納豆などに多く含まれていますが、なかでも卵は必須アミノ酸が多く含まれている優れた食品です。

卵は、「食べ過ぎるとコレステロールが増えすぎる」と敬遠されがちですが、卵に含まれているコレステロールは善玉コレステロールなので、食べ過ぎなければ問題はありません。女性ホルモンの分泌のためには、「卵は1日1個」がおすすめです。

 

大豆は食べる美容液?

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。つまり、大豆イソフラボンを摂取すると、エストロゲンが体内で分泌された時と同等の働きを期待できるのです。

ただし、だからと言って食べ過ぎには注意が必要です。

イソフラボンを食べ過ぎてしまうと、脳が「エストロゲンが足りている」と勘違いしてしまって、かえってエストロゲンの分泌が低下してしまう可能性があるからです。

たんぱく質と同様、大豆イソフラボンも取り過ぎには注意しましょう。

納豆なら1パック、豆乳なら200ml、お豆腐なら1丁程度が適量です。

 

 

緑黄色野菜や根菜

緑黄色野菜や根菜など、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食材をしっかりと摂ることの大切さは広く知られていますが、ただ何となくサラダさえ食べていればいいというものではありません。

小松菜、ブロッコリー、ピーマン、トマト、かぼちゃといった緑黄色野菜や、にんじん、ごぼう、れんこんなどの根菜類をバランスよくまんべんなく摂取するように注意しましょう。

 

質の良いオイル

質の良いオイルには、女性ホルモンの原料のひとつである良質なコレステロールが含まれています。ラードやバターなどは食べ過ぎると悪玉コレステロールが増えてしまいますが、青魚やオリーブオイルには善玉コレステロールを増やしてくれる不飽和脂肪酸が多く含まれているので、上手に食生活に取り入れていきましょう。

 

水分補給

私たちの身体は、約70%が水分。

ですから、水分補給は身体にとってとても大切です。

コーヒーや紅茶で水分補給しているという人がいますが、カフェインには利尿作用があるので、水分補給としては不十分。ほうじ茶、麦茶、ハーブティなどで上手に水分補給をするようにしましょう。

 

「女性ホルモン」まとめ

以上、女性の毎月の身体のリズムを整えるために大切な女性ホルモンと上手に付き合う方法をご紹介してきました。

「このくらいの不調は気にしない!」と頑張り過ぎてしまう女性が多いのですが、それが積み重なってしまうとホルモンバランスの乱れにつながり、身体に大きな影響を及ぼしてしまうこともあります。

女性が美しく健康に過ごすために、今一度女性ホルモンを整える食生活について考えて行きたいものですね。