その顔汗、たるみ、しみ…もしかしてホルモン不足が原因?

admin 顔汗原因

「急に、顔汗をかくようになった」「しみやたるみが気になる」「便秘しやすくなった」「食べる量は増えていないのに、体重が増える」などの身体の不調に悩んでいる女性は多いものですが、これらの不調の多くはホルモン不足と深い関係があります。

 

身体の不調と心の不調はホルモン不足?

男性は、もともとホルモン分泌量が比較的多いので、ホルモン不足の影響を受けにくいのですが、女性の場合は、若い時期からホルモンのバランスが崩れやすく、それが原因で身体や心にさまざまな不調があらわれます。

 

このようなホルモン不足による身体の不調は、40代以降にもっとも多く見られますが、10代半ばにも見られることがあります。

 

10代~30代前半の不調

女性ホルモンであるエストロゲンは、思春期の女性の子宮や卵管の成長を促す働きを持っています。体脂肪や塩分、水を身体に溜めさせて、女性らしい身体の丸みを作るのもエストロゲンです。

しかし、無理なダイエットやストレスなどが原因でエストロゲンの分泌量が減少したり過剰になったりすることもあり、これがさまざまな不調の原因になることがあります。

代表的な症状としては、頭痛や肩こり、イライラ、うつ、上半身の過剰な汗などです。

なかには、無月経や無排卵になるケースもあり、これがもとで将来的に不妊になってしまうこともあります。

 

30代半ば~60代の不調

エスロトゲンは、30代から徐々に分泌が減少し、40代後半から急激に減少します。

この時期には、更年期障害としてさまざまな不調に悩まされます。主な症状としては、ホットフラッシュ(突然顔がほてり、のぼせる症状)、寝汗、イライライ、不眠、肩こり、不眠、腰痛などです。

更年期障害が出る年齢や症状は個人差があり、複数の症状が同時にあらわれることもありますが、肌のたるみや、しみ、しわなども気になり始めるのも、40代後半がもっとも多いようです。

さらに、40代後半には甲状腺機能も低下して代謝が落ちるので、食べる量はそんなに増えていないのに太りやすくなったりするケースも増えます。

 

ホルモン不足のサイン

ホルモン不足が原因であらわれる不調は、はっきりとした症状が出ない場合も多く、なかなか自覚しにくいものです。実際、ホルモンが不足しているサインは、さまざまな形であらわれます。

 

しみやたるみ

しみやしわ、たるみなどの一番の原因は、老化です。

 

人間の皮膚は、大きく分けて、表皮、真皮、皮下組織の3つの層に分かれています。このうち表皮は、約4週間で新しい細胞と生まれ変わります。

表皮の皮脂膜と角質層にあるセラミドなどの保湿成分は、肌のみずみずしさや艶やかさを保つ働きをしています。

そして、真皮は水分を保つ部分があり、水分以外にはコラーゲンと呼ばれるたんぱく質が含まれています。

よく知られていることですが、コラーゲンには肌のしなやかさやハリを保つ働きがあります。そして、エストロゲンは肌のコラーゲンを作り、エラスチンをつなぎとめる働きがあります。

更年期にエストロゲンが激減すると、コラーゲンに対する作用も弱まり、しわ、たるみが気になるようになるのです。

 

 

さらに、皮膚の組織は、加齢とともに老化が進みメラニン色素の排泄も遅くなるので、しみも増えやすくなります。

 

食べる量は増えてないのに太る

30代~50代になると「食べる量は増えてないのに太る」「特にお腹周りのお肉がとれない」といった悩みを抱える人が増えます。

これは、前述したとおり甲状腺ホルモンなど代謝に影響を与えるホルモンの分泌が減少し、身体の代謝が低下することが最も大きな原因です。

 

顔がほてって顔汗が出る

ホルモンバランスが崩れると、顔がほてって、顔の汗が急に増えることがあります。

とくに更年期に女性ホルモンの分泌が減少すると、症状がますますひどくなります。

これは、女性ホルモンが減少したことで、女性ホルモンが元々もっていた汗腺の調節機能がうまくいかなくなるためです。

時間や気温に関係なく、激しい運動をしているわけでもないのに、突然顔がほてって汗がふき出すような症状が増えてきたら、それはホルモンバランスが乱れていることが原因である可能性が高いといえるでしょう。

 

便秘

代謝に大きな影響を及ぼす甲状腺ホルモンが少なくなると、身体全体の働きが鈍くなり腸の蠕動運動も弱くなり、便秘しやすくなります。

これに加えてさらにストレスなどが甲状腺ホルモンの分泌を低下させ、ますます便秘の症状がひどくなります。

 

なお、女性の便秘は、生理周期後半の黄体期に、女性ホルモンのプロゲステロンが増えることが原因であることもあります。

プロゲステロンには、張の筋肉を緩ませる働きがあるので、プロゲステロンが多すぎると、便秘になりやすくなるのです。

 

「ホルモン不足のサイン」まとめ

以上、ホルモン不足が原因であられる身体の不調についてご紹介しました。

身体の不快な症状のすべてが、ホルモン不足によるものというわけではありませんが、もしホルモン不足である場合には、ホルモン補充の治療をすることで症状を改善できることがあります。

「年だから」「月経前だから」などと不調を我慢してしまうのではなく、早めに適切な治療を受け、生き生きと人生を楽しんでいきたいものですね。