顔汗と更年期障害の関係性~ほてり、のぼせ、発汗…~

admin 更年期

更年期障害の症状は、個人差があり多種多様です。身体的・精神的な不調が、さまざまな形で起こります。

よく見られる症状としては、ほてりやのぼせ、冷え、発汗などがありますが、それがどのくらいの強さでいつ起こるかについては、個人差があります。

よく起こる症状や起こり方については、早めにその特徴を知っておくと、症状が重くなる前に必要な対策をとることができます。

 

更年期とは

更年期障害といわれる45歳~55歳くらいになると、女性は卵巣機能が衰えて女性ホルモンのエストロゲンの分泌が、急激に減少します。

すると、もっとエストロゲンを分泌するように、脳の下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されます。けれども、45歳~55歳には卵巣機能が衰えているので、十分なエストロゲンを分泌することができません。

下垂体からは、どんどん性腺刺激ホルモンが分泌されてしまい、その結果ホルモンのバランスがくずれて身体や心に不調があらわれることが多くなってしまうのです。

そして、日常生活に支障をきたすほどの重い症状のことを「更年期障害」といいます。

 

40代後半の月経不順から始まる

更年期障害のさまざまな症状は、月経不順からあらわれるのが一般的です。月経の乱れは、まず月経の周期が短くなることが多く、経血量が少なくなることから始まることが多いようです。

月経の周期や量が変化してきたと感じていると、そのうちほてりやのぼせ、顔の多量の発汗などのホットフラッシュとよばれる症状が起こり始めます。

また、不眠や不安感といった症状があらわれることもあります。

 

更年期障害の代表的な症状

更年期の症状でよくみられるのは、ほてりやのぼせ、冷え、顔汗をダラダラかくといった症状ですが、それだけに限らず、頻尿、食欲不振、しびれ、イライラなどの症状があらわれることもあります。

ここでは、いろいろある更年期の症状のうち、代表的な症状についてご紹介します。

 

ほてり、のぼせ

更年期障害といえば、まずあげられるのが、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせの症状です。暑くもないのに、突然顔や上半身がほてって、熱くなります。

ただ、似たような症状は、甲状腺機能亢進症という病気であらわれることもあります。一般的に甲状腺機能亢進症では、全身に異常なほてりを感じますが、更年期障害では、上半身にほてりを感じると言われています。

 

顔汗

ほてり、のぼせとともに起こりやすいのが顔、首などの上半身の発汗です。

顔や首にだらだらと異常な量の汗をかきます。このようなほてり、のぼせ、発汗は自律神経の乱れから起こります。とくに顔の汗は、化粧くずやにおいが気になる人も多く、その悩みは深刻です。汗に強い化粧品や制汗剤などを利用してみましょう。

なお制汗剤を選ぶ場合には、その成分にも注意が必要です。身体用の制汗剤は殺菌作用が強いため、顔に使用してしまうと肌荒れの原因になってしまうこともあります。

顔の汗を抑えるために制汗剤を使う場合には、優しい成分の制汗剤を選ぶようにしましょう。

 

冷え

更年期ではない20代、30代の女性でも、冷え性の人はよくいますが、更年期の冷えは、上半身はのぼせているのに、手足や腰などの身体の一部だけ冷えるという症状があります。このような更年期の冷えは、厚着をするより、ウォーキングやストレッチで身体を動かして、血液循環を良くする方が効果的です。

 

めまい

更年期のめまいには、ふわふわと雲に乗ったように感じるめまいであることが特徴です。めまいが起きたら、すぐに座ったり横になったりして静かに休むようにしましょう。

ただし、メニエール病や脳の病気がめまいの原因になっていることもあるので、頻繁にめまいが起こるようであれば、クリニックで検査を受けてみましょう。

 

動悸、息切れ

激しい運動をしたわけでもないのに、動悸がしたり息切れしたりするのも、更年期によくみられる症状です。

症状が起こったら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

なお、動悸や息切れは、心臓病や高血圧が原因の場合もあるので、注意が必要です。

 

肩こり、腰痛

肩こりや腰痛は、血行が悪くなる更年期にさらに悪化することがあります。

けれども、身体が痛いからといって動かないでいると、筋力が衰えてますます症状が悪化してしまいます。

無理をする必要はありませんが、軽い運動は意識して行うようにしましょう。

 

不眠

更年期には、なかなか寝つけないといった不眠の症状があらわれることがあります。

不眠が長引くと、精神的に不安定になってしまうこともあるので、病院で相談して症状に応じた治療を受けるようにしましょう。

 

イライラ

女性ホルモンのバランスがくずれると、精神状態も不安定になりがちで、ちょっとしたことでイライラしてしまうことがあります。

ストレスをためないよう、趣味を楽しんだりリラックスできる時間をつくるように心がけるとよいでしょう。

 

倦怠感、無気力、うつ

更年期の不調が続くと、倦怠感、無気力、うつといった症状があらわれやすくなります。

なかなか症状がおさまらずにつらく感じる時は、がまんしないで、心療内科や婦人科などに相談するようにしましょう。

 

 

「更年期障害の代表的な症状」まとめ

以上、更年期障害の代表的な症状についてご紹介しました。

更年期の不快な症状が出てつらかったら、我慢して無理をするよりも思い切って休んだり、病院で相談することが大切です。また、女性ホルモンを食事や薬などで摂取することでホルモンバランスが回復し、症状が緩和されることもあります。

いずれにせよ無理は禁物です。