肌荒れ、多汗…更年期トラブルの症状別セルフケア

  admin 更年期

のぼせやほてり、イライラなど、更年期にはさまざまな心身のトラブル症状があらわれることがあります。

これは更年期に入ると卵巣の働きが衰えて、エストロゲンの分泌が減少して、自律神経のバランスがくずれることが原因です。

 

このような更年期の不調には、どのように対処していけばよいのでしょうか。自分でできるセルフケアにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

更年期の不調はなぜ起こる?

40代に入ると、のぼせ、ほてり、多汗などの身体の不調のほか、イライラや落ち込み、うつ状態といった心の不調も起こりがち。

このような変化があらわれる原因は、加齢やストレス、女性ホルモンの分泌量の変化など、などいろいろなものが考えられます。

 

エストロゲンが減少

女性の人生に深く関わっている女性ホルモンですが、女性ホルモンは一生同じ量が分泌されているわけではありません。

40代に入ると徐々に分泌が不安定になり、40代後半になると分泌量が急激に減っていきます。

女性ホルモンのエストロゲンは、女性の身体バランスを整えるだけではなく、骨や血管、心臓などにも働きかけています。そのため、エストロゲンが不足すると、心身に変化が起こり不快な症状があらわれることが多くなるのです。

 

ストレスや老化

40代女性は、仕事や家庭で大きなストレスを抱えていることが多く、このストレスも心身の不調の原因になります。

また、40代は老化の影響もあらわれ始めます。更年期の不調は、女性ホルモンの減少やストレス、老化などの要因が複雑に絡み合って起こるのです。

 

更年期の不調のセルフケア

更年期の不調は、人それぞれ症状が異なることから、これといった特効薬は見つからないことがほとんどです。

けれども日常生活に簡単に取り入れることができるセルフケアで、「症状が軽くなった」というケースも多いものです。

自分の症状に合わせて、多くの選択肢やアプローチは、更年期という時期を乗り越える力強い味方となってくれるはずです。

 

そこでここでは、更年期の不調を緩和できるセルフケアをご紹介していきます。

 

月経不順

更年期は卵巣機能が低下しますので、これまで25日~28日周期で起こっていた月経周期にも変化があらわれます。また、この時期には月経とは違う不規則な出血が起こることも多くなります。

ただし不規則な出血がある場合は、更年期だけが原因ではなく病気が原因であることもあるので、気になる人は早めに婦人科を受診しましょう。

 

月経不順には、日々の食生活に大豆製品を上手に取り入れるのがおすすめです。大豆に含まれるイソフラボンという成分は、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするので、月経不順や不規則な出血などの症状が緩和されることがあります。

 

また、更年期には卵巣機能が低下するので、自律神経失調症を起こしやすくなります。

濡れたタオルを電子レンジであたためて、首に20~30秒あてて、全身の血流をアップし、副交感神経を優位にさせてリラックスすると、自律神経のバランスを整えることができます。

 

のぼせ、顔汗

更年期には、エストロゲンの分泌量が急激に低下するので、その影響を受けて血管の拡張や収縮のコンロトロールがうまくいかなくなります。そして、突然顔が熱くなったり、多量の顔汗をかくといった「ホットフラッシュ」という症状があらわれることがあります。

 

このようなホットフラッシュののぼせ、ほてりは、香りでリラックスさせて自律神経のバランスを整えてくれるハーブティーがおすすめです。カモミールティには、身体を温めるほか、安眠、リラックスなどの作用もあります。

 

また、顔の多量の汗に悩んでいる場合には、全身にある汗腺を鍛えると症状がおさまることがあります。軽い運動をこまめに行い、全身の汗腺を活性化させ、バランスよく汗をかくように心がけましょう。

 

冷え、むくみ

更年期には、手足や腰の冷え、むくみなどを感じる人も多くいます。

エストロゲンの分泌量が低下して自律神経のバランスが乱れていることに加え、加齢によって基礎代謝が低下していることも、原因のひとつです。

 

このような冷え、むくみは、多くの筋肉がある下半身を鍛えることで、症状が改善されることがあります。できるだけ早足で歩く習慣をつけるだけでも効果がありますが、下半身を中心に全身の筋肉を動かすフラダンスは、特に効果が期待できます。

 

ふくらはぎがむくみがちな人は、足首からひざに向かってリンパマッサージをするとよいでしょう。

重力の関係でふくらはぎに溜まった血液やリンパ液をリンパマッサージで心臓に戻してあげると、血流が促され、むくみが解消します。

 

「更年期の不調・症状別セルフケア」まとめ

以上、更年期の不調の原因と症状別のセルフケアについて、ご紹介しました。

ここでご紹介したセルフケアをしたからと言って女性ホルモンの分泌量がアップするというわけではありませんが、更年期の身体の状態を調節するためには、とても効果があります。

なお、セルフケアは継続することが大切。症状が重い時だけでなく、日常的に体調管理を行っていき、不調を改善していきましょう。