更年期の不調をやわらげる漢方薬まとめ

  admin 更年期

更年期のさまざまな不調には、漢方薬による治療で症状が改善されることがあります。

漢方薬は、穏やかな効き目であることから、自己判断で試す人も多いのですが、更年期の症状に悩んでいて漢方薬を試してみたい人は、婦人科や漢方薬局で相談することが大切です。

同じ冷えの症状でも、原因や体質が異なった場合には、処方される漢方薬も異なってきますし、生活習慣や食生活の内容によっても、その都度処方が見直されていくからです。

 

更年期の不調をやらわげる漢方薬

女性が更年期を迎えると、のぼせ、ほてり、顔の汗、イライラ、不安などさまざまな不調があらわれることがあります。

漢方薬は、人それぞれの特徴に合わせて、身体全体のバランスに働きかけながらこうした症状を改善していきます。

また、漢方薬は、病気になってから飲むというより不調を改善するために用いられるものなので、ちょっと不調を感じたら早めに漢方薬を取り入れることを検討するとよいでしょう。

 

東洋医学の考え方

東洋医学では、個々の症状そのものよりも、身体全体のバランスを重視しています。そして、心身のバランスを整えながら不調をやわらげるようにアプローチしていきます。

ですから、はっきりした原因が分からないといった場合には、漢方薬が適しているといえるでしょう。

ただし、漢方薬治療を行う場合でも、不調の原因が更年期によるものなのか、他の病気が原因なのか知っておくことは重要です。

漢方薬治療を行っている場合でも、クリニックの定期検診は欠かさず受診するようにしましょう。

 

漢方薬は自己判断で使用しない

更年期の症状に悩んでいて漢方薬を試してみたい人は、自己判断で購入せずに、まずは婦人科や漢方薬局で相談することが大切です。

同じ冷え性でも、その人の「証(しょう)」(原因や体質)が異なれば、処方される漢方薬も異なります。また症状の改善状態や、生活習慣、食生活の内容によっても、処方が見直されていくからです。

 

更年期で用いられる漢方症状別まとめ

ここでは、更年期でよく用いられる漢方薬を症状別にご紹介します。

何度も繰り返しますが、漢方薬治療は、素人判断はしないことが大切です。ここでご紹介する漢方薬も、あくまで目安にとどめるだけにして、必ず専門家の診断をあおぐようにしましょう。

 

冷え、月経不順

冷え、月経不順には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が効果があります。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は疲れやすい人によく処方され、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、下腹部が張っていて便秘がちの人の冷え、頭痛、月経不順などに効果があります。

 

のぼせ、ほてり、めまい

のぼせ、ほてり、めまいにも、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は効果があります。また、ほてりのうち特に手足のほてりを感じる人や、唇の渇きを感じる人は、温経湯(うんけいとう)という漢方で症状が改善されることがあります。

 

のぼせ、頭痛

のぼせの症状と頭痛の症状がある場合で、下腹部が張っている人には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が効果があります。桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、不眠や不安などの精神症状を改善する効果もあります。

 

強いめまい、動悸

強いめまい、動悸といった症状は、女神散(にょしんさん)という漢方で改善されることがあります。女神散(にょしんさん)も、不眠や不安などの精神症状を改善する効果もあります。

 

疲労感、多汗

疲労感、脇汗などの自律神経失調の症状は、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつごれいとう)という漢方で改善することがあります。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつごれいとう)には、神経過敏や精神不安定といった症状にも効果が期待できます。

 

なお、多汗のなかでも特に顔の汗が気になる場合には、漢方薬ではなく、制汗剤を利用するのもひとつの手です。

顔の制汗剤を選ぶ場合には、身体用ではなく、顔にも使える優しい成分が配合されている制汗剤を選ぶようにしましょう。

 

「更年期の不調をやわらげる漢方薬」まとめ

以上、更年期の不調をやわらげる漢方薬についてご紹介しました。

これまで述べてきたように、漢方薬は、その人の体質や症状、食生活や生活習慣、年齢などに合わせて処方されます。

自己判断で安易に漢方薬を用いると、発疹や胃腸症状などがあらわれることがあります。このような違和感を感じた時には、早めに医師に相談するようにしましょう。