女性の不調を改善するホルモン辞典

admin 更年期

人間の健康・美容を保つには、ホルモンバランスが大きな影響を持っています。

とくに女性は、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンのバランスが乱れると、頭痛や便秘などの不調のほか、顔汗やたるみなどの美容面の悩みも増えてきます。

 

これらの不調は、どれかひとつのホルモンだけ増やせば改善するというものではありません。不調を改善して健康と美容を保つには、さまざまなホルモンがバランスよく保たれていることが重要なのです。

 

女性の不調と関係がある辞典

女性の身体や心は、エストロゲン、プロゲステロンという女性ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンの影響を受けます。

そして、ホルモンバランスが乱れると、心身にさまざまな不調があらわれることがあります。

 

エストロゲン

エストロゲンは10代後半から分泌が増え、20代でピークになりますが、40代後半になると急激に低下します。

エスロトゲンが減ると、女性の身体は大きく変化します。

いわゆる更年期障害(ホットフラッシュとよばれるのぼせや発汗、イライラ、不眠など)の症状があらわれるのも、このエストロゲンが減ることが原因です。

さらにエスロトゲンが不足すると、骨粗しょう症や動脈硬化などのリスクも高まります。

 

ただし、不調の原因がすべて「エストロゲン不足」というわけではありません。健康や美は、さまざまなホルモンのバランスが絶妙に保たれることが大切だからです。

エストロゲンだけ増えてもホルモンのバランスが悪ければ、健康や美を保つどころか逆に悪影響をもたらしてしまうこともあります。

 

プロゲステロン

プロゲステロンは卵巣の黄体で作られるため、「黄体ホルモン」とよばれます。月経のある女性の体内で、排卵前から分泌量が増え始めて、月経後には急激に分泌量が低下すると月経が始まります。

プロゲステロンは、子宮内膜を調整したり体温を上昇させる働きがありますが、体脂肪が減少したり骨粗しょう症を予防する効果もあります。

プロゲステロンも、エストロゲンとともに女性に欠かせない女性ホルモンといえます。

 

テストステロン

テストステロンは、副腎や男性の精巣から分泌されるホルモンです。筋肉量、筋力の維持、脂肪量の減少のもとになるほか、集中力、気力、やる気の向上にも効果があります。

テストステロンの減少は、男性の場合にはゆるやかに起こりますが、女性の場合は50歳前後で閉経を迎えると、突然分泌量が急激に減ります。

テストステロンは、とくに男性にとって健康を保つための役割を担っているので、テストステロンが減少すると筋力や持久力の衰えてしまいます。

 

女性のテストステロンは男性の10分の1ほどで、25歳くらいから減少し始めます。

女性の場合も、テストステロンが減少し始めると、急激に太り始めたり肌のコラーゲンが減少したりして、たるみやシワの元になることがあります。

 

成長ホルモン(HGH)

成長ホルモン(HGH)とは、191個のアミノ酸からなるホルモンで、その名の通り、子ども時代には身長を伸ばしたりするなどの身体の成長にために必要なホルモンです。

 

成長ホルモンは、大脳の底部にある脳下垂体という期間で睡眠時間中に一番多く分泌されます。

昔から「寝る子は育つ」といいますがこれは本当です。夜きちんと睡眠をとることは、子どもが成長するために必要な「成長ホルモン」を分泌させるために、大変重要なのです。

 

そして、成長ホルモンは、大人になっても欠かせないホルモンです。

成長ホルモンは年齢と共に減少しますが、成長ホルモンが減少すると、肌にハリがなくなったりお腹に脂肪がつきやすくなったりするなどの症状があらわれます。

 

マザーホルモン(DHEA)

マザーホルモン(DHEA)とは、正式名称を「デヒドロエピアンドロステロン」といいます。体内で最も多く存在するホルモンで、副腎皮質から作られます。

若返りホルモンとも呼ばれるこのDHEAは、20代半ばを過ぎると急激に減少します。そしてDHEAが不足すると、免疫力が落ちたり内臓脂肪が増加したりします。マザーホルモン(DHEA)が減少すると、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクも高まると言われています。

 

甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンは、新陳代謝を促進させる働きをもっています。エネルギーを生み出したり、身体の組織を作ったりするために作用しています。

甲状腺の働きが弱まると、新陳代謝機能が低下して体重が増加したり、集中力・記憶力・認識力が衰えたりします。また、薄毛や肌の衰えなどがあらわれることがあります。

女性は、男性に比べて甲状腺ホルモンの異常の症状が多く見られるという特徴があります。

 

まとめ

以上、顔汗、たるみなど、女性の不調の原因となる「ホルモンバランスの乱れ」についてご紹介してきました。

繰り返しますが、ホルモンは身体に大変重要な作用を及ぼす物質でありますが、どれかひとつが増えれば症状が改善されるというものではなく、それぞれのバランスが保たれていることが必要です。

素人判断で、1つの食材を摂取し続けたりサプリメントを服用したりするのではなく、まずはバランスのとれた食事、規則正しい生活、適度な運動を心がけ、ホルモンバランスを整えることを意識するとよいでしょう。