更年期の顔の多汗にも効果あり!女性ホルモン力がアップする食品

  admin 更年期

女性の閉経を挟んだ10年間は「更年期」と呼ばれます。この時期には女性ホルモンが激減し、「イライラ」「ほてり」「のぼせ」など、さまざまな不調があらわれることがあります。

なかには、顔の多汗や動悸がひどくなり、日常生活に支障をきたす場合もあります。

 

女性ホルモンであるエストロゲンは、肌にうるおいを与え豊かな髪を保ち、コレステロールの増加を抑えるなど、女性の健康維持に重要な役割を果たしていますが、更年期にこのエストロゲンが急激に減り始めたことで、さまざまな不調があらわれるのです。

けれども、女性ホルモンは、食事や生活習慣を改善することで減るスピードを緩やかにすることができます。

ここでは、このような更年期障害の症状を改善するための食材について、ご紹介します。

 

顔汗、のぼせ…更年期の症状

45歳を過ぎたあたりから、急に汗が出る、めまいがする、イライラするといった心身の不調を感じる人が増えてきます。

このような不調は、閉経に向けて女性ホルモンが急激に減少し始めたことが原因であらわれます。

 

エストロゲン減少が原因

更年期にはエストロゲンが急激に減少しますが、脳は依然として「分泌しろ」と指令を送り続けます。けれども、卵巣はその指令に反応することができず、エストロゲン不足が続きます。それでも脳は指令を送り続けるので、指令系統がパニックを起こしてしまうのです。そしてそのパニックが原因で、自律神経などにさまざまな不調があらわれるのです。

 

女性ホルモンに似た働きをする食材

女性ホルモンの減少自体を抑えることは残念ながらできませんが、しっかりケアをすれば、減るスピードを緩やかにしたり、身体の不調を改善したりできることがあります。

毎日なにげなく使っている食材のなかには、更年期の代表的な症状であるのぼせやほてり、顔汗を抑えてくれる効果のある食材や、女性ホルモンに似た成分を含む食材がたくさんあります。それぞれの食材の特徴を知って、毎日の食生活に上手に取り入れて行きましょう。

 

黒豆

黒豆には、大豆イソフラボンとボリフェノールがたくさん含まれています。

さらに黒豆の黒い皮に含まれている抗酸化成分のアントシアニンは、冷え性改善、に効果があるほか、体脂肪の燃焼を促す効果もあります。

 

大豆

大豆イソフラボンには、ほてりを緩和し体内の水分調整をしてくれる働きがあります。

そのうえ、中性脂肪や悪玉コレステロールも減らして、脂質代謝も改善してくれる効果もあります。

 

もやし

緑豆もやしには、熱やほてりを取りのぞく働きがあります。また、体内の余分な水分を排出し、エストロゲンの働きを助ける働きがあります。

 

くず粉

くず粉は、風邪薬の葛根湯と同じ原料。マメ科のイソフラボンを含み、血行を促進しこりや冷えを改善する効果があります。

 

ごま

ごまには、セサミンをはじめ、ビタミンEなどの抗酸化成分がたっぷり含まれていて、更年期症状を緩和し、肌を紫外線から守る働きを持っています。

 

セージ

あまり知られていませんが、セージにも女性ホルモンに似た成分があります。

セージを肉料理のスパイスにしたり、ハーブティで飲んだりすると、多汗やほてりが改善されます。

 

フェンネル

フェンネルの精油成分である「アネトール」にも、女性ホルモンと似た働きがあります。冷えからくる腰痛や腹痛を改善してくれるほか、気分をリフレッシュする効果もあります。

 

八角

八角にも、フェンネルと同様「アネトール」が含まれています。

身体を温め、冷えが原因で起こる関節痛や腰痛などの症状を和らげる働きがあります。

 

アンチエイジング効果がある食材

ビタミンA、C、Eを含む食材は、アンチエイジング効果大。

料理にも取り入れやすい食材ばかりなので、積極的に摂取するようにしましょう。

 

アボガド

アボガドは、「森のバター」と呼ばれるほど栄養価の高い食物。

疲労回復や老化予防に効果があるほか、血圧を下げたり余分な水分を排出したりするカリウムも多く含んでいます。また、エストロゲンの働きを助ける働きがあります。

 

白菜

白菜には、ビタミンCが豊富に含まれています。

カリウムも多く、ナトリウムの排出を促してくれるので、高血圧を予防する効果もあります。また、イライラやあせりを取りのぞく働きもあるといわれています。

 

かぼちゃ

かぼちゃには、身体を温める作用があり、エネルギーを補強し気力や体力を高めてくれる作用があります。さらに、ビタミンEも豊富でコレステロールの悪玉化を予防し、血液循環を良くしてくれる効果もあります。

 

ヤマイモ

ヤマイモは、「山のウナギ」とも呼ばれるほど、栄養価の高い食材。

乾燥肌を改善し腸を元気にしてくれる効果がある他、女性ホルモンのバランスを整える「ジオスゲニン」を多く含んでいます。

 

青じそ

青じそは、抗酸化ビタミンβカロチンの含有量がトップクラスの食材。気の巡りを良くしてストレスによる食欲不振を改善してくれる効果があります。

 

シナモン

シナモンは、生薬である「桂皮」の原料でもあります。

発汗作用があり、血流を良くするほか、冷えのぼせの症状を緩和する効果もあります。

 

アーモンド

アーモンドには、肌を若返らせるビタミンEが豊富。筋骨を丈夫にする働きもあります。

 

クルミ

クルミは、αレノイン酸、ビタミンB1、ビタミンEなどが豊富で、身体を温める効果が高く、疲労回復に効果があります。

 

身体を温める効果がある食材

ダイエットが目的で肉や魚をあまり食べない女性がいますが、肉や魚は、身体を潤し、温め、エネルギーを生む食材です。

健康のためにも美容のためにも、毎日の食生活にしっかり摂り入れるようにしましょう。

 

豚肉

豚肉は、ビタミンB1含有率がトップクラスの食材。

疲労回復に効果があるほか、体内を潤す働きもあります。

 

牛肉

牛肉は、気力を高めエネルギーを与える効果があります。

また、身体を温め疲労回復にも効果的です。

 

羊肉

あまりなじみのない羊肉ですが、脂肪酸の年商を高めるカルニチンが豊富な食材です。

冷えを改善するほか、イライラを防止する効果もあります。

 

イワシ

イワシは、DHA(ドコサヘキサエン酸)や、EPA(エイコサペンタエン酸)など、動脈硬化を防ぐ脂が豊富に含まれています。

骨ごと食べられる「つみれ」などにすれば、カルシウムも併せて摂ることもできます。

 

アジ

アジには、血栓や悪玉コレステロールを抑える働きがあります。

イワシより脂が少なく、たんぱく質を多く含む食材です。

 

まとめ

以上、女性ホルモン力を上げる食材、ホルモンの働きを助ける食材などについてご紹介してきました。更年期の症状は大変辛いものですが、早めに食事や運動などのセルフケアを行うことで、不調を改善し若々しさをキープすることができます。