【体験談】顔汗、イライラ、うつ…更年期の辛い症状

admin 更年期

更年期とは、女性が閉経する前後5年~10年ほどの期間をいいます。

更年期になると、女性ホルモンの分泌が徐々に低下するためにホルモンバランスが乱れて、精神的に不安定になったり、めまいやふらつき、ほてりや顔の多汗などの身体の不調に苦しむ人が多くみられます。

なかには、更年期をきっかけに本格的な病気になってしまったり、高血圧や骨粗しょう症などを発症してしまう人もいます。

更年期の期間は「この苦しみがいつまで続くのか」と深刻に悩んでしまいがちですが、更年期における心身の変調は、多かれ少なかれ誰にでも訪れるもの。大切なのは、1人でその悩みを抱え込まないことです。

それに、更年期障害は正しい対処法が分かれば、症状が好転するケースがほとんどです。

 

ここでは、更年期障害にあらわれる症状や更年期障害を乗り越えた方の体験談、そして対処方法などについてご紹介します。

 

更年期障害とは

妊娠・出産の適した時期を過ぎると、女性ホルモンはだんだん分泌量が減少し、やがて月経がなくなり閉経します。閉経の時期は平均的には50歳前後です。そして、この閉経をはさんだ前後の5年~10年の期間を「更年期」といいます。

 

更年期になると、イライラしたり不安を感じる精神的な不調や、ほてり、めまいなどの身体的な不調を感じる人が多くいます。この更年期の症状や程度は、人それぞれ異なりますが、もし生活に支障をきたすような不調が続くようであれば、それは「更年期障害」という病気と考えてよいでしょう。

 

身体的症状

女性ホルモンは、全身をめぐり骨や粘膜に影響を与えているので、更年期に女性ホルモンが減少すると、身体にさまざまな変化をもたらします。

「朝、顔や目が腫れる」「上半身は熱いのに下半身は冷えている」という症状があらわれるケースがみられる場合がありますし、「めまいがひどくなった」「目がかゆい」「尿もれしやすくなる」「頭や顔に急に汗をかく」という症状に悩む人もいます。

 

精神的症状

女性ホルモンが減少すると、精神的な症状にも変化があらわれます。

理由もなくイライラしたり、つまらないことにいつまでもこだわって悩んだり、ちょっとしたことで涙が出るようになったら、それはホルモンの減少が原因かもしれません。

また、「物忘れがひどくなった」「集中力が続かなくなった」という症状があらわれることもあります。

 

更年期障害の体験記

更年期を迎えた女性のなかには、「更年期なんて、病気じゃない」とか「更年期なんて誰にも相談できない」などと考え、その悩みを1人で抱え込んでしまう人もいます。

けれども、更年期における心身の変化は個人差はあれど、誰にでも訪れるもの。

そして、考え方を少し変えたり、日常生活のなかでちょっとした工夫を行うだけで、更年期の症状が好転するケースはとても多いのです。

ここでは、更年期を乗り越えた方々の体験談についてご紹介します。

 

「うつ症状」

更年期症状のなかでも、特にうつ状態に苦しむ人は増えているといいます。実際、更年期障害で医療機関を受診する患者さんのうち、6、7割はうつ状態などの精神症状の訴えをもつというデータもあります。

由香子さん(53歳・仮名)も、更年期のうつ症状に苦しんだひとりです。

 

 

由香子さんは、更年期につらいうつ症状に苦しんだそうですね。

具体的にどのような症状だったのでしょうか。

 

「最初は風邪のような症状が出て2、3日家で休んでいたのですが、それから不安や悩みを感じるようになり、夜は眠れなくなってしまいました。

 

かかりつけの診療所で症状を説明して、安定剤と睡眠剤を処方され、少しは眠れるようになったものの、今度は日中に頭がボーッとして思考力がなくなり、うつ症状が始まってしまったのです。

1か月ほど経った時にかかりつけの医師に『更年期ではないか』と相談したところ、『眠れないんだから精神科に行った方がいい』と言われました。

この時、医師から婦人科を受診することを真っ向から否定されたことで、大きなショックを受けました。そしてますますうつ症状がひどくなってしまったんです。

眠れない日が続いて精神的に不安定になったところで、さらに、医師から見放されたと感じてしまったんですね。

そんな時、友達から紹介されて更年期専門外来を受診したところ『更年期障害うつ状態』と診断されたんです。」

 

 

そこで初めて病名がはっきりしたのですね。そのあと症状はどのように変化しましたか。

 

「更年期専門外来では、睡眠剤や女性ホルモン、抗うつ剤、抗不安剤などを処方してもらいましたが、それですぐにうつ症状が改善されたわけではありませんでした。

そのうち仕事にも支障をきたすようになったので、診断書を会社に提出して長期欠勤することになりました。

欠勤中は、自宅で本を読んだりゆっくり過ごしていましたが、たまに外出すると急に不安感に襲われることもあり、「いつまでこんな症状が続くのか」と悩んだこともありましたね。

ようやく改善の兆しが見え始めたのは、欠勤して3~4か月たった頃です。そして半年ほど過ぎた時には、自分でもはっきり自覚するほど元気になり、無事職場復帰することができました」。

 

 

今、その頃を振り返ってみて、どんなお気持ちですか。

 

「今思えば、その頃は仕事も忙しくなったうえに母の介護も重なり、『あれもこれも全部1人でやらなくちゃ』と1人で色々なことを抱え込んでしまっていたと思います。

40代に入った頃から、のどや耳に不調を感じたり、寝汗をかいたりといった更年期の症状は出ていたのに、『自分はもっと頑張れる』『自分のことは後回し』と気負い過ぎてしまい、病院も行きませんでした。もっと早く適切な医療機関を受診すればよかったな、と思っています。」

 

「のぼせ、ほてり」

接客業をしている幸子さん(53歳・仮名)は、更年期を迎え、のぼせやほてり、多量の汗が起こる症状、いわゆる「ホットフラッシュ」に悩んだといいます。

ホットフラッシュは、更年期障害のなかでもとくによく見られるポピュラーな症状で、更年期に女性ホルモンが減少することが原因で自律神経がバランスをくずし、汗をコントロールできなくなってしまうのが原因で起こる症状です。

ホルモンの減少に加えて、更年期の精神的なストレスが重なると、ホットフラッシュの症状はますます悪化することもあります。

 

 

幸子さんは、真冬でも顔がのぼせたり、顔にほてりを感じたり、多量の顔の汗に悩まれたそうですね。

 

「そうなんです。私は接客業なのに、突然滝のように流れ出す顔面の汗には、かなり悩みました。お客さんに『大丈夫ですか』とたずねられることも、たびたびありました。そんな時は、いつも顔から火が出そうな思いをしていました。」

 

 

ご自分では、どのような対処をしていたのですか?

 

「身体がほてらないように薄着を心掛けたり、汗が目立つ額、首元は髪を結んで風通しを良くするようにしていました。汗の量を減らそうと水分接種もなるべく控えめにして、食事も辛い物は避けるようにするなどしていました。それでも多汗の症状は、ますますひどくなっていきました。」

 

 

汗を気にして薄着をしたり、水分接種を控えるのは、実はホットフラッシュには逆効果なのですよ。

 

「そうなんですよね。ホットフラッシュについて色々調べてから、薄着すると冷えから自律神経の乱れを悪化させるし、水分を控えると脱水症状になる危険性もあるし、下手すれば命に関わると知り、怖くなってしまいました。

 

それからは薄着をやめて、羽織ものやストールでこまめに体温調節をするようにしました。冷え性対策のつもりで始めたジョギングも意外に楽しく、効果があったように思います。

それと、『もう汗かきで生きて行こう』と開き直ったのも良かったんです。

汗をふく時少しでも明るい気分になれるよう、可愛いハンカチを用意するなどの工夫もしてみました(笑)。汗以外のことに意識をもっていくようになってから、だんだんと多汗の悩みから解放されるようになりました。」

 

「髪のパサつき」

更年期で女性ホルモンが減少し、毛髪を作る機能が衰え、髪のパサつきに悩む女性もいます。また、女性ホルモンが減ると毛髪を作る毛母そのものが消滅してしまうため、抜け毛に悩む人もいます。

このような、更年期の髪の乾燥やボリュームダウンで、毎日鏡を見るたびに憂鬱な気分になっていた……というのは、早苗さん(55歳・仮名)。

 

 

早苗さんは、50歳過ぎてから髪のパサつきが気になり始めたということですが。

 

「はい。最初は更年期による髪のパサつきとは思わず、シャンプーを変えたり色々なトリートメントを試したりしていました。でも、どんどん乾燥がひどくなって、髪のダメージが深刻になっていきました。」

 

 

他には、どんな方法を試してみたのでしょうか。

 

「少しでも髪にボリュームを持たせたい」とパーマをかけたりしました。でも、それがまた良くなかったんですね。パーマで髪のダメージはますますひどくなるばかりでした。」

 

 

早苗さん、今こうして見ると、髪の毛も艶やかだし、パサついているようには見えませんが。

 

「はい、パーマやカラーの頻度を少なくして、ボリュームを出しやすいカットにしてもらったんです。それと、シャンプー前に頭皮マッサージをする習慣をつけたことも良かったです。即効性はありませんが、半年ほどで髪に艶が戻るのを実感しました。

その他、亜鉛やビタミンB、ケラチンなど、毛髪に良いと言われる栄養素も意識して取るようにしたのも良かったと思っています。」

 

更年期障害を乗り超える方法

これまでご紹介した体験記でも分かるように、更年期と上手に乗り越えるためには、運動やマッサージ、生活習慣の見直しを行うことがとても大切です。無理に頑張り過ぎずリラックスして過ごす姿は魅力的ですし、自然に元気が出てくるものです。

ここでは、つらい更年期の不調を和らげ、更年期障害を乗り越える方法をご紹介します。

 

毎日の運動習慣

更年期には適度な運動が大切です。

けれども、だからといって運動に不慣れな人がいきなり激しい運動をするのは、ケガの元。無理をすれば骨折や肉離れ、関節痛などを引き起こし、ますます心身に不調が出てしまうこともあります。

むしろ、軽めの運動でもコツコツと続けることの方が、大きな効果につながります。

本を読んでいる時に、座りながら足を上げ下げして腹筋を鍛えたり、軽いストレッチを続けるだけでもいいので、毎日身体を動かす習慣を身につけるようにしましょう。

 

美肌を育てるビタミン

○ビタミンA

更年期には、肌荒れに悩む人もいますが、そんな更年期の肌の機能を正常に保って肌荒れを防いだり、粘膜を強くして免疫力を高めたりしてくれるのがビタミンA。

ビタミンAは、うなぎ、卵、かぼちゃ、ホウレンソウなどに多く含まれますが、油脂に溶けやすいので、調理油や乳製品と組み合わせて食べると吸収が良くなります。

 

○ビタミンC

ビタミンCには、メラニンの沈着を抑えたり、できたメラニンを還元する作用があります。また、コラーゲンの合成や鉄の吸収を助ける作用もあります。

ビタミンCは更年期のストレスでも浪費されてしまうので、1日100mgの接種を心掛けるようにしましょう。

 

○ビタミンE

ビタミンEには末梢血管を広げて、血行をよくする働きがあります。具体的には肌の新陳代謝を高めたり、肩こりや頭痛、冷えを和らげる効果も期待できます。

ビタミンEはオリーブオイル、アーモンド、魚卵などに多く含まれますが、ビタミンCと一緒に接種すると最大限に効果が発揮されるので、サラダなどはこまめに食べるようにしたいですね。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、エストロゲンと化学構造が似ていることから、更年期障害の症状を和らげるとして注目されています。

厚生労働省の研究では、食事でイソフラボンを多く摂取している人ほど、乳がんや心筋梗塞のリスクが低下したというデータもあります。

ただし、過剰摂取する必要はありません。あくまでも食事で適量をこまめに摂取する程度を意識すれば十分でしょう。

 

顔汗にも使える「制汗剤」

人目につきやすい顔の汗は、更年期障害の典型的な症状です。

顔の汗には、顔にも使える制汗剤がおすすめです。朝のスキンケアのアイテムにこの制汗剤を加えることで、日中の汗の量を軽減することができます。

汗を気にすると、交感神経を刺激してよけいに汗をかいてしまいますが、制汗剤で顔の汗を抑えることで他に注意が向くようになり、汗そのものの量が軽減したというケースもあります。

 

「更年期障害の症状」まとめ

以上、更年期障害の体験談についてご紹介しました。

更年期は、ホルモンバランスが乱れることから、心身に変化が出るものです。でもこれを気にし過ぎると、さらにネガティブな感情を持ってしまうこともあります。

特に、今まで堅実に「子どものため、夫のため、親のため、会社のため」と頑張ってきた人ほど、更年期になると疲労感、孤独感を感じやすく、ますます気持ちも落ち込んでしまい、負のスパイラルにはまってしまいます。

 

更年期は、決して人生の下り坂ではありません。

人生を季節に例えるなら、更年期は夏から秋への移り変わりです。更年期を乗り越えた先には、収穫の秋が待っているのです。

「この辛い更年期を乗り越えれば、実りの秋がやってくるのだ」と考え、自分なりのリラックス方法を色々試しながら、収穫の秋に向けて前向きに進んでいきましょう。