【スムージーで顔汗対策?!】更年期の不調に合わせて飲みたいスムージーのまとめ

admin 更年期

更年期の顔汗やホットフラッシュなどの様々な身体の不調を改善し、元気に快適に過ごすためには栄養たっぷりの朝食をしっかり食べることが大切です。

 

でも、更年期には不眠や腰痛、頭痛などの症状に悩む人も多く、「朝はギリギリまで寝ていたい」という人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、手軽に作れる朝食「スムージー」です。

 

更年期とは

更年期とは、女性が閉経する前後5年~10年ほどの期間をいいます。

閉経を迎える平均年齢は大体50歳。閉経前には、少しずつ生理の間隔があいたり、量が減ったりして、やがて閉経を迎えます。

この時期になると、卵巣の機能が低下して、エストロゲンの分泌量が急激に低下するため、女性の身体にさまざまな不調が起こります。

こちらの記事には、更年期の症状に関して記載しています。『もしかしたら、私更年期かも?』と思ったらチェックしてみてください。

 

更年期の不調

更年期にあらわれるさまざまな不調は、人それぞれ異なりますし程度も違ってきます。

主な症状を挙げると、顔を中心とした上半身の発汗、気分の落ち込み、イライラ、関節痛、頻尿、腰痛、頭痛、不眠などの症状があります。

これらの不調は、卵巣が老化したためにホルモンや自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因です。

 

更年期の不調を改善するには

更年期を上手に乗り越えるためには、運動やマッサージ、サプリメントや制汗剤を上手に生活に取り入れていくことが必要ですが、バランスのとれた食生活もしっかり意識する必要があります。

更年期には、身体の疲れを感じやすいことから「食事するよりも寝ていたい」「食欲がない」とコンビニや外食で簡単に済ませてしまう人が多いと思いますが、更年期の不調を改善するためには、バランスのよい食事を効率よく摂取することが大変重要なのです。

農林水産省 朝食摂取状況より引用

特に時間のない現代女性にとって、朝食は『ダイエットも兼ねて抜いておこう』と取らない事が多いですが

最新のデータでは、大人の女性の約11.4%が朝食を全く食べないというデータもあります。

ホルモンバランスが崩れている所に更に栄養不足が重なると、身体を正常にしようという働きも鈍くなってしまうので、

急いでる朝でもできる限り朝食を食べる事は得策です。

 

更年期に摂りたい栄養素

バランスのとれた食生活が大切ですが、そのなかでもとくに更年期の不調を改善するために効果的な食材を意識することで、体調が整いやすくなります。

大豆イソブラホン

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ていて、更年期に不足したエストロゲンに代わって反応し、補足的に作用することで更年期障害の症状を和らげるとされています。

厚生労働省の研究では、食事でイソフラボンを多く摂取している人ほど、乳がんや心筋梗塞のリスクが低下したというデータもあります。

更年期には、1日1品は大豆製品をとりいれていくようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンEには末梢血管を広げて、血行をよくする働きがあるので、肌の新陳代謝を高めたり、肩こりや頭痛、冷えを和らげたりする効果があります。

オリーブオイル、アーモンド、魚卵などを上手に食生活に摂りいれましょう。

 

ビタミンA

更年期の荒れがちな肌の機能を正常に保って肌荒れを防いだり、粘膜を強くして免疫力を高めたりするためには、うなぎ、卵、かぼちゃ、ホウレンソウに多く含まれるビタミンAを摂り入れましょう。

 

ビタミンC

ビタミンCは更年期の時以外でも、ストレスでも消費されてしまいます。毎日意識的に摂取するとよいでしょう。

 

更年期対策のお手軽「スムージー」

女性ホルモンを活性化し、一日を元気よく過ごすためには、栄養たっぷりの朝ごはんが最適とお伝えしましたが。

とても手軽に栄養を摂取できるのが、「スムージー」です。

「朝は食欲がない」「料理は苦手」という人でも、スムージーならミキサーさえあればすぐに始めることができます。

また、食材を生のまま摂取できるスムージーは、加熱すると壊れてしまいがちな酵素をそのまま身体に効率よく摂り入れることができます。

 

顔汗にも効果「豆乳とプルーンのスムージー」

栄養満点で女性ホルモン補給を助けてくれるのが、ドライプルーンと豆乳のスムージー。プルーンは、更年期の代表的な症状であるのぼせやほてり、顔汗に効果があるといわれています。

これにカルシウムが豊富な小松菜を入れれば、栄養も満点、朝から元気になれます。

材料

・小松菜…30g(根元を落として、ざく切り)

・ドライプルーン…20g(細かく刻む)

・豆乳…100ml

 

肌を活性化「アボガドスムージー」

肌細胞を活性化して、美肌をつくってくれる森のバターといわれるアボガド。

カロリーが高いと敬遠する人もいますが、脂質のほとんどはリノール酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸。コレステロールを調整して血液をサラサラにしてくれます。

材料

・アボガド…30g(皮と種を除き、ひと口大に)

・はちみつ…小さじ2

・豆乳…100ml

 

美髪に効果「にんじんスムージー」

にんじんスムージーは、頭皮を健康に保ってくれるにんじんのβカロチン、髪の毛の元になる豆乳のアミノ酸を効率よく摂取できるスムージー。

さらに頭皮の毛髪血管を丈夫にするポリフェノールの一種「ヘスペリジン」が多く含まれるオレンジを加えて美髪を保ちましょう。

材料

・にんじん…30g(皮はむかないでひと口大に着る)

・オレンジ…40g(皮をむいて1房ずつに分ける)

・豆乳…100ml

・オリゴ糖…小さじ2

・レモン汁…小さじ1

 

「更年期の不調とスムージー」まとめ

以上、更年期の不調を改善できるスムージーについてご紹介しました。

スムージーは、更年期の女性をサポートしてくれる力強い朝食です。

自分の症状や好みに合わせて、いろいろなスムージーを試してみてはいかがでしょうか。

 

なお、スムージーはバナナやりんごなどのフルーツを組み合わせることで、とても飲みやすくなりますが、おいしいからといってフルーツが多くなってしまうと糖分過多になってしまうので、注意が必要です。

最初はフルーツを多めにして飲みやすいスムージーから始め、徐々に野菜の量を増やしていくのもいいですね。