顔汗によるメイクくずれを防ぐ!汗かきさんのためのメイクテク

admin メイク方法

肌タイプは、乾燥肌、脂性肌、混合肌、普通肌と大きく4つに分かれますが、なかでも脂性肌、混合肌の方は、顔の汗に悩む方も多いのではないでしょうか。

思春期の汗かきは、一般的に水分量も多くターンオーバーが活発であることが原因であることがほとんどですが、成人女性の「脂性肌」の場合には、皮脂が分泌過剰な状態に陥っている可能性があります。
このような過剰な顔汗は、雑菌も繁殖しやすく、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうリスクがあります。

それでは、このようなひどい顔汗には、どのように対応すればよいのでしょうか。そして顔汗に悩んでいる人は、メイクする時にどんな点に注意すればよいのでしょうか。

何とかしたい!顔の汗

「人前に出ると、汗をかいてしまう」

「1年中、汗をかいている」

「手足は冷えているのに、顔だけ異常にほてっている」

など、顔汗に悩む人は多いもの。
顔汗の悩みがあると、人に会うのもおっくうになってしまいますよね。

しかも顔汗は、大事なデートや打ち合わせなど「よりによってこんな時に!」という時ほど、悩まされる厄介もの。

「良い漢方薬はないのか」「汗に強いカバー力のあるファンデーションはないのか」……化粧品売り場に行って相談したり、ネットで検索して調べたりしたことがある方も多いことでしょう。

しかし、ひとくちに「顔汗」と言っても原因は人それぞれですし、肌質によっても対策方法は違います。ここでは、さまざまな顔汗の原因や特徴についてご紹介します。

顔汗は「ストレス」が原因?

「人前に出ると、顔に大量の汗をかいてしまう」など、緊張やストレスが原因で顔に汗をかいてしまう人がいます。

このような、主にストレスが原因の顔汗の場合には、胸の乳輪のあたりを強く圧迫することで、一時的に顔汗を止めることが出来る場合があります。
これは、「半側発汗」という一種の皮膚圧反射を利用した方法です。

汗には、体の圧迫されている側の汗が減って、反対側の汗が増えるという特徴があります。つまり体の上半身を圧迫することで、顔の汗を減らすことが出来るというわけです。

あくまで一時的な対策に過ぎませんから、急な顔汗で困った時にはぜひお試し下さい。

更年期の「顔汗」特徴は?

更年期になると女性ホルモンの分泌が低下していきます。

もともと女性ホルモンには汗腺の調節機能があるのですが、女性ホルモンが減ると汗腺機能の調節が乱れ、体温調節がうまく出来なくなって顔汗が多くなってしまうのです。

また、更年期特有 のイライラや不安などの精神症状も、精神性発汗のメカニズムに強く反応してしまいます。

しかも更年期の汗は濃度が濃くベタベタしているため、蒸発しにくい特徴も。更年期の顔汗の悩みは深刻です。

顔汗とメイク

顔汗で悩む女性の多くが、メイクくずれや湿疹に悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

「お直しに使えるファンデ」や「簡単なメイク直しに使えるファンデ」などに、大金を使ってみたものの、いまいち効果がなかった……とがっかりする声も多く聞かれます。

顔汗でくずれたメイクを隠そうと、ファンデと皮脂がなじんでいる上にさらにファンデを重ねても、どんどん厚塗りになって不自然になるばかりです。

ここでは、顔汗を上手にカバーして、メイクくずれを防ぐ方法をご紹介します。

正しい汗の拭き方

メイクくずれを最小限に抑えるためには、まず汗の拭き方がとても大切です。
汗をかいた際は、流れている汗をハンカチなどでトントンとおさえて拭き取りましょう。

なぜなら、汗は皮膚上で蒸発することで体温を下げ、その結果汗が減少するという作用があるからです。

つまり汗が出るたび完全に拭き取ってしまうと 、皮膚の上で蒸発することが出来ず体温を下げることが出来なくなり、結果的にほてりがおさまらず、いつまでも汗をかくことになってしまいます。

汗かきさんのメイク術

汗かきさんのメイクくずれを防止するために大切なのが、ファンデーション選び。
汗かきさんのファンデは、ルーセントパウダーがおすすめ。

ルーセントパウダーは、顔汗をかいても粉が皮脂を吸い取ってくれるので、ファンデが落ちにくいのです。
ルーセントパウダーは、厚塗りしないよう、小鼻、小鼻の脇、Tゾーンに優しく少量すり込むようにして使いましょう。

制汗剤の利用

メイクくずれを防ぐためには、ファンデ選びも大切ですが、もうひとつ効果的な方法が、顔にも使える制汗剤(デオドランド剤)。

ただし制汗剤は医薬品ではありませんので、上手に使いこなすことが大切です。
また、顔は体よりデリケートなので、パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤・合成香料・着色料などを含んでいない、刺激の少ないものを選ぶことも大切。

体用の制汗剤は、制汗・殺菌作用の強い塩化アルミニウムなどが入っており、お肌への刺激が強い場合がありますので顔には使用しないようにして下さい。

顔汗を抑え顔にも使える制汗剤はいくつかありますが、一番オススメなのが、「サラフェプラス」。

「サラフェプラス」には、「フェノールスルホン酸亜鉛」が配合されていて、この成分が汗を抑える作用をもたらします。

また「サラフェプラス」には汗を完全止めるわけではなく、肌を引き締めて汗腺から出てくる汗 と結合して、汗が流れ出てこないようにする働きがあり、臭いやテカリも抑えてくれる嬉しい効果も。

顔汗に悩む人は、汗の拭き方、ファンデ―ション選びに気を付けるとともに、顔にも使える制汗剤を併用するのもおすすめです。

汗かきさんのメイクまとめ

以上、汗かきさんのメイクくずれの対処方法についてご紹介しました。
顔汗でメイクがくずれやすい人は、ルーセントパウダーと顔にも使える制汗剤を併用したり、汗の拭き方を工夫したりすることで、かなりの効果が期待出来ます。

顔汗は毛穴が開いてしまいますし、毛穴が汚れて、メイクくずれだけでなく、雑菌が繁殖するなどのリスクもあります。
自分に合った対処方法を見つけて、上手にカバーしていきたいですね。