顔汗が原因の肌荒れ。最善の対策方法は○○だった!!

  admin 顔汗対策

顔汗のせいで老けて見られることがあるの?!』

前回の記事で、5つの顔汗による肌トラブルをご紹介しました。

汗が原因の「老け見え」など非常に深刻な問題が発生する前に、適切な対策法を学んでトラブルを未然に防ぎましょう!

何パターンもある顔汗の対策方法。その中で最も効果的なのは?

かいた汗を放置する事は肌荒れなどトラブルの元ですが、どのような対策で顔汗に挑めば正常な肌をキープでしょうか。

最も重要なことは汗をかいた場合はできるだけ早く拭く事です。先ほどの通り汗を長時間放置してしまうと肌が水分でふやけてしまい、より肌が傷つきやすくなってしまいます。

顔汗対策1 顔汗をハンカチなどで拭き取る&汗拭きシートで拭く

この2点が最も対応しやすい顔汗の対策方法です。

しかし、汗が出るたび何度も拭く手間がかかり、大量に汗をかく人は何枚もハンカチが必要になります。また、何度もゴシゴシと拭くと肌を痛めてしまう可能性もあります。

拭く際にはトントンと抑えて優しくハンカチを肌にあてて吸い取ると、肌へダメージを与える事はないでしょう。

また、汗は蒸発する時に肌内部の水分も一緒に蒸発させてしまうので、肌のうるおいが不足気味になります。汗をかくと、逆に乾燥したように感じるのはこのためです。

夏場でも軽く保湿のできる化粧品もそなえておくと好ましいでしょう。

汗拭きシートを使用する場合ですが、顔のお肌は敏感なため『エタノール』などの刺激が強い成分が入っていると

何度も使っているうちに肌がガサガサになってしまう可能性があります。

普段はハンカチで顔汗を拭き取り、ベタベタして気持ち悪いと感じる際には汗拭きシートで対策を取るといいかもしれません。

顔汗対策2 冷〇タなど、冷却材で冷やす

これは家の中でいる時には有効ですが、外出の際は人目があるため使用するのに勇気が必要です。

また冷却時間が8時間前後のため、一日中顔汗対策ができない事も欠点です。

粘着力の問題で、汗をかいてしまうと剥がれやすくなるので、この点においても一時的に集中したいが汗が気になるといった時には

有効な対策となりそうです。

顔汗対策3 肌を保湿する

「夏に保湿?」と思うかもしれませんが、意外に保湿は汗対策や皮脂でのテカリ対策にも有効です。

夏は汗をさっぱりしたいと1日に何度も洗顔を行う方がいますが、過度な洗顔は肌から水分を奪ってしまいます。

更にエアコンから出る乾燥した空気がより肌から潤いを奪います。

乾燥した肌を守ろうと汗や皮脂を過剰に分泌してしまう事が原因で、肌トラブルが起こりやすくなります。

このことからも夏でも保湿は重要です。べたべたしすぎて気持ち悪いという方は、保湿クリームの量を少な目にする事がおススメです。

しかし、これはあくまでより汗や皮脂を出さない為の方法ですので、何かの対策の補助的要素で使った方が良いでしょう。

 

顔汗対策4 ツボ押し

安上りですが一時的な効果しかない為、根本的な解決にはなりません。

どうしてものここ一番という際には有効な方法です。

顔汗対策5 漢方薬の服用

ツボと反対で、月に数万円というお金がかかります。しかし、即効性はあまりありません。

理由は汗を抑える漢方薬はなく、ホルモンバランスや体質を改善していくことで、少しずつ発汗を抑制するからです。

その為、長期的な目で見るならば有効な手段ですが、今すぐに何とかしたいという方には不向きです。

顔汗対策6 医薬品の使用

即効性があり効き目もありますが、体液分泌自体を抑える仕組みで汗が止まります。

しかし

  1. 口の渇き
  2. 便秘
  3. 頭痛
  4. ほてり
  5. 目のかすみ
  6. まぶしい
  7. 尿が出にくい
  8. 動悸など他の体の部位の汗以外の体液分泌を阻害

以上のような副作用の危険性もあります。

また、お医者さんから処方してもらう必要がある為、気軽に入手できない側面もあります。

個人輸入も出来ますが、厚生労働省は個人輸入された医薬品は、国内の基準で有効性や安全性の確認がされていない為、使用するにはリスクがあると警告行っています。

このような危険性もありますので、個人的に正しい医療機関で処方された医薬品を使用する事をお勧めします。

顔汗対策7 ボディ用制汗剤の使用   

市販の制汗剤は成分が強く、顔に使うと逆に肌が荒れてしまう原因になります。注意書きでも顔には使用してはいけない旨の注意書きもあります。

また、肌にフタをする成分の為、毛穴のつまりと同じような現象が起きてしまい、あせもやニキビができやすく、逆効果となる可能性もあります。

顔汗対策8 顔用の制汗剤の使用

ネットで販売されている顔用の制汗剤は、値段は高いですが毛穴にフタをすることなく肌を引き締めて制汗する成分の為、敏感な顔の肌への使用はおすすめです。

また、完全に汗を止めるわけではなく「抑える」為、身体に深刻な危険が起きる可能性は極めて少ないです。汗を出にくくするので、何度も汗を拭く必要もなく煩わしさからも解放されます。

また、顔用の制汗剤は美容成分も入っており保湿成分も配合されています。保湿されると、肌のバリア機能も保たれます。バリア機能が正常だと、余分な皮脂の分泌は少なくなるので、テカリも少なくなり、肌トラブルの可能性も減少します。そして肌の乾燥やダメージが由来でシワができるので、シワを予防する事にもつながります。

顔汗が原因の肌荒れの最善の対策方法まとめ

汗は様々なトラブルの原因になり、できる限り早めに処理をする事が大切です。

そうする事で、肌荒れなどのトラブルを未然に防ぐとこも出来ますし、汗が原因のシワの形成も抑止でき若々しいあなたを保つことも可能となります。

ただし完全に止めることは難しく、代謝面でも「完全にブロック」は身体に悪い影響が出てしまう可能性があります。

止めるではなく「抑える」ことで上手に顔汗と付き合う事が、顔汗による肌荒れを防ぐ近道です

顔用の制汗剤が今回の肌トラブルを予防する上で、長時間効果があり、保湿効果等もある為一番適しているというという結果になりました。

皆さんも自分の肌に合った対策を見つけて、上手に汗かき肌のケアを行ってください。