顔汗の原因は「ホットフラッシュ」?対処法は?

admin 顔汗対策

更年期は、女性なら誰でも通過する人生の節目のようなもの。

更年期の症状はいろいろありますが、なかでもホットフラッシュは閉経女性の40~80%に見られる最もポピュラーな更年期障害の症状です。

ホットフラッシュは、更年期の女性ホルモンの減少や、自律神経のバランスがくずれることが原因で起こる症状です。体温を調整する機能が弱まるため、特に上半身の血管のまわりにある神経が過敏になりやすく、のぼせたり顔に大汗をかいてしまうのです。

ホットフラッシュのいちばんの悩みは、自分の意識とは無関係にいきなり汗が噴き出して、止めようにも止められないこと。このような辛いホットフラッシュの症状に対処するためには、どのような方法があるのでしょうか。

顔汗の原因

そんなに暑いわけではないのに突然顔がのぼせて、顔や首から汗が噴き出すといった症状に悩む女性が増えています。

顔汗の原因はさまざまありますが、閉経前後(40代~50代)の女性であれば、更年期の症状である、ホットフラッシュが原因であることが多いといえます。また、バセドウ病などの甲状腺機能が亢進する病気や、心臓病、糖尿病が原因ので、顔に大汗をかく場合もあります。

ホットフラッシュ

ホットフラッシュは、更年期でエストロゲンの分泌が低下した女性によくみられる症状です。

更年期になり女性ホルモンが減少すると、自律神経がバランスをくずしてしまい、汗のコントロールができなくなってしまうことが原因で、上半身、とくに顔に大汗をかいてしまうのです。

顔が真っ赤にのぼせたり大粒の汗が顔面にふき出してしまうことで、人目が気になり、「外出するのが億劫だ」「どこにも出かけたくない」と感じてしまう人もいます。

 

また、若い人でも女性ホルモンの分泌が悪くなると、似たような症状が起こることがあります。

甲状腺機能亢進症

顔の汗は、バセドウ病など甲状腺の機能が亢進する病気が原因である場合もあります。

甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を高めるホルモンですが、この甲状腺ホルモンが増えると代謝が異常に活発になり、顔の汗だけでなく、息切れ、手のふるえ、月経不順などの症状が出ることもあります。

中年以上の女性は更年期障害と勘違いする事が多いのですが、症状が重い場合には、甲状腺の病気である可能性もありますので、内科を受診しましょう。

心臓病などの病気が原因のことも

のぼせや発汗は、高血圧や心臓病などが原因で起こる場合もあります。

高血圧や心臓病などが原因の場合、同時に頭痛やめまいなどを起こすこともありますが、日常生活に支障をきたすような症状はほとんどないことから、そのまま放置してしまう人がほとんどです。

しかし、必要な処置をとらずにいると動脈硬化が進んでしまい、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を引き起こすこともあるので、定期的に医療機関などで検査することをおすすめします。

ホットラッシュへの対処法

ホットフラッシュの1番の悩みは、自分の意識とは関係なく、汗がふき出してなかなか止まらないことです。そして顔の汗を気にするようになると、ますます身体が熱くなって、よけいに汗が止まらなくなることもあります。

それでは、このようなホットフラッシュの症状には、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

食事の内容

人間は、年代によって積極的に摂りたい栄養素が異なります。

更年期には、女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするイソフラボンを意識に摂るのがおすすめです。大豆製品は、毎日1回は必ず摂るようにしましょう。

また、女性ホルモン低下とともに減っていくカルシウムや、代謝をととのえるビタミンBなども意識して摂取したい栄養素です。ただし、これらの栄養素のどれかひとつばかりたくさん摂れば、症状がおさまるというものではありません。大切なのは、バランスの良い食生活を心がけることです。

 

サプリメント

食事で摂りにくい栄養素は、サプリメントで補うといいでしょう。

とくに40歳以降は、それまで身体を守っていた女性ホルモンが減るので体調をくずしやすくなります。ビタミンB群を中心に必要なミネラルは、サプリメントで上手に摂るようにしましょう。

なお、サプリメントを利用する時は、医師や薬剤師などの専門家に相談しましょう。飲み始めて気になる体調の変化があれば、その時もすぐに専門家に相談しましょう。

 

制汗ジェル

顔がほてったり、顔から汗がふき出す症状が特にひどい場合には、制汗ジェルの利用もおすすめです。

顔にも使える優しい成分でできた制汗ジェルもありますので、朝のスキンケアのアイテムに加えてみるのもよいでしょう。

その他、汗じみの目立たない色の洋服を選ぶ、防臭加工してある下着をつけるなど対策を行っておくと、安心することができて、結果的に汗の量が減ることもあります。

 

リンパマッサージ

リンパマッサージとは、リンパ液の停滞を防ぎ、流れをよくするセラピーです。首と頭で約1分ほどで完了します。

頭部のリンパマッサージを行うと、頭や顔のむくみがとれますし、イライラや落ち込みが解消して、顔の汗の量もおさえる効果が期待できます。また、リフトアップの効果もあるので美容対策の一環とストレス解消の為にも、ぜひ試してみて下さい。

 

頭のマッサージ

  1. 指の腹を使って、頭皮を内側に円を描くように揉みほぐす
  2. 額の上からスタートして、①の運動を首の付け根あたりまでほぐす
  3. 親指以外の4本で頭のセンターラインを押す。(額の上からスタート首の付け根あたりまで)※頭のてっぺんは押さない

首のマッサージ(オイルもしくは、滑りをよくするローションを使用すればなめらかになります。)

  1. まず、鎖骨の上のリンパ液を内側に向けて流します
  2. 次に親指以外の4本の指を使って、耳の後ろから鎖骨に向けてリンパ液を流します。
  3. それから、4本の指を使って、耳の後ろから肩先に向かってリンパを流します。
  4. 肩先のリンパ液を鎖骨まで流します。

 

ホルモン剤

女性ホルモンであるエストロゲンが不足していることが原因の場合には、エストロゲン剤を使って補うことで症状をおさえることもできます。

更年期でない場合にも、低用量ピルを使ってホルモンバランスを安定させ自律神経が安定すると、のぼせや顔汗が減ることもあります。

医療機関によっては、精神安定剤や漢方薬を併用する場合もあります。

 

「顔汗はホットフラッシュが原因?」まとめ

以上、顔汗などのホットフラッシュの症状を改善する方法をご紹介しました。

顔の汗は人目につきやすく気にするのは分かりますが、症状を気にするあまりに生活や行動が制限されるようなことがあれば、ますます症状は悪化してしまいます。

ここでご紹介したように、ホルモン剤や、制汗ジェル、リンパマッサージなど対策方法はいくつもあります。自分に合った方法を上手に取り入れ、健康や美しさを維持していきましょう。