いい顔汗、悪い顔汗…汗とニオイをコントロールするための方法

admin 顔汗対策

体温調節機能を担っている汗は、人間にとって欠かせない生理現象です。けれども、汗が体臭に深く関わる場合もあります。

汗にはさらりとした「良い汗」と、粘度が高い「悪い汗」があります。そして、悪い汗の場合は、たんぱく質や脂質などを多く含んでいて、菌が繁殖しやすくの元となってしまう場合があるのです。

このような悪い汗を抑えるためには、良い汗をかき汗腺を鍛えたり体質を改善していくなどの方法があります。今回はその方法等を紹介していきます。

 

2つの汗の種類

人間の身体には、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺があります。汗はこの2つの汗腺から出ていますが、その性質は大きく異なります。

わきが・多汗の原因 ワキ汗を発する汗腺はアポクリン汗腺とエクリン汗腺より引用

エクリン腺から出る汗は、ほとんどが水分の為、サラサラしていてニオイは殆どありません。

これに対してアポクリン腺から出る汗には、たんぱく質や脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが多く含まれていて、雑菌のエサになりやすくニオイの原因となります。

 

サラサラの良い汗

エクリン腺とは、身体の至るところに無数にある汗腺です。

汗のほとんどは、このエクリン腺から出ます。このエクリン腺から出る汗は99%以上が水分であり、わずかに塩分や尿素、アンモニアが含まれている程度なので、ニオイはほとんどありません。

ただしサラサラの良い汗であっても、汗が酸化したり細菌が繁殖したりすると、ニオイが発生することがあります。

 

ニオイがある悪い汗

脇の下やおへそのまわり、デリケートゾーンなどの一部の部分にのみ存在するのがアポクリン腺です。このアポクリン腺は体温調節が目的ではなく、繁殖の相手を見つける為にフェロモンを分泌する目的で存在している一説があります。

たんぱく質や脂質・糖質・アンモニア・鉄分・色素リポフスチンなどを多く含んでいるため、栄養が豊富で雑菌のエサとなりやすく、菌が繁殖する条件が整っています。菌が汗を分解する際に独特の発酵臭を出しますが、これが腋臭の原因にもなります。

また、更年期障害の代表的な症状である「ホットフラッシュ」も、ホルモンバランスの乱れから顔汗などをかいてしまうので、悪い汗の代表例です。

自律神経が乱れた発汗の為、濃度が濃くベタベタして蒸発しにくい汗なので、ニオイが発生しやすいのが特徴です。

 

ニオイがある悪い汗対策

前述したとおり、汗を放置てしまうと汗の酸化やニオイの原因になってしまうことがあります。このような汗のニオイを対処するためには、どの様な対処法が効果的かを解説していきます。

 

制汗剤

顔の汗やワキのニオイを抑える制汗剤には、いろいろなタイプがあります。自分の症状や汗をかく場所によって、変えるのが大切です。

例えば、ワキなら擦れる、汗をかきやすい等の理由から、制汗剤がすぐにとれてしまいますが、リフレアの様な密着タイプがおススメです。

高密着タイプのリフレア。顔汗には使用できないが、脇汗には効果的

ただし、こちらは顔には使えないので顔の汗に困ったという方は、サラフェプラスの様な顔の制汗剤もあります。

こちらは、顔にも使えるように設計されているので、顔に使うという点が心配な方にも使える商品です。

 

良い汗をかく

ベタベタ汗を解消するためには、汗をかくことが最も効果的です。あまり汗をかかないと汗腺の機能が衰えてしまい、そちらからは汗が出なくなります。しかし、汗をかかなくなると体温が下がらなくなる為、生命にかかわるので汗をかきやすい箇所から代わりにドッと汗が出やすくなります。

そしてその汗は濃いベタベタ汗のため、ニオイが発生しやすくなってしまいます。

ベタベタ汗を防ぐためには、日ごろから軽い運動をしたり半身浴をするなどして汗をかくことで、汗腺を汗が出やすく鍛えることが重要です。

また、お風呂上がりにエアコンの冷気にすぐに当たのは、ジムでワークアウト中に甘い物を食べることと同じなのでNGです。

汗をかき続けて体温をゆっくり下げことで、汗腺の機能アップが期待できます。目安としては、約2週間頑張りましょう!

こちらの記事では、半身浴の方法を解説しています。

 

お風呂上がりのドリンク

お風呂上がりには、発汗を促すドリンクでクールダウンするようにしましょう。冷えたビールやジュースなどは気持ちが良いですが、身体を冷やして発汗を止めてしまいますので避けてください

お風呂上がりのドリンクとしては、りんご酢や黒酢などをはちみつで割ったドリンクがおすすめです。クエン酸が身体のエネルギー代謝を円滑にして、自然な発汗を促してくれます。

また、生姜には発汗作用のあるので、生姜とはちみつを割ったドリンクも汗腺の機能を高めるので、よいでしょう。常温や、冷やし過ぎない程度の状態がおススメです。

 

食生活の見直し

食生活と身体のニオイには、密接な関わりがあります。肉ばかり食べていると、皮脂腺や汗腺から皮脂が多く分泌されるので、体臭が強くなったりします。汗や体臭が気になる場合には、食生活を一度見直してみるのも、いいかもしれません。

・植物性の脂質

オリーブオイル・ゴマ油など

・アルカリ性の食材

ひじき・梅干し・わかめなど

・消臭効果のある食材

緑茶・ほうじ茶・お酢など

 

サプリメント

サプリメントは薬ではないので即効性はありませんが、現代人の食生活の栄養補助としてはおススメの方法です。栄養補給をサポートする事で、汗をかきづらい体質に改善させる効果や、ニオイにくい汗を出す身体を作り上げましょう!

アセカラットといった汗を改善するサプリ等もありますので、ご自身が使いやすい手段や必要としている方法で顔汗や汗の対策していきましょう。

 

「においがある悪い汗対策」まとめ

以上、ニオイがある悪い汗の原因や対策方法についてご紹介しました。

これまで述べてきたとおり、汗やニオイは日頃のちょっとした対策で改善できるケースが多いです。

制汗剤を利用したり、軽い運動をしながら汗腺を鍛えたり、食生活を見直すなどして、上手に汗とニオイをコントロールしていきましょう。