【顔汗の原因】運動不足、無関心…出不精が顔汗を増やすってホント?

  admin 顔汗対策

「最近、急に顔汗が出る体質になった…」という人がいますが、それは運動不足のために汗腺が衰えてしまったことが原因かもしれません。顔の汗かきは、汗腺の機能を鍛えることで予防する事が可能です。でも汗をかくと、なぜ汗かきの予防になるのか矛盾しているようにも思います。

本日はなぜ汗をかかないと、汗かきになるのか。汗腺の鍛え方はどうすればいいのかを解説して参ります。

 

顔だけ汗かき…の原因

「手足は冷えているのに、上半身ばかり熱くなって顔に汗をかく」「とくに何もしていないにのに、顔が熱くなる」といった顔にだけ汗をかく症状(顔汗)に悩む女性が増えています。

顔汗は、血管の拡張や収縮の調節がうまくいかずに、顔がカーッと熱くなるのぼせを感じた時に出やすくなります。このほか、緊張したり、寒いところから急に暑いところに移動した時などにも起こりがちです。

また、同時にめまいや動悸といった症状があらわれることもあります。

このような顔汗、のぼせ、めまいなどは、多くの場合血管をコントロールして体温を調節するはずの自律神経の働きが乱れてしまったために、起こる症状です。

 

ホルモンの乱れ

顔だけ汗をかいたり、のぼせたりする症状は、女性ホルモンの分泌が急激に低下すると起こる症状です。更年期の女性や、生活習慣の乱れやストレスなどから卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌が減少した女性にもよくみられる症状です。

 

運動不足

運動不足が原因で、顔だけに異常に大汗をかくようになってしまう場合もあります。

運動不足で汗をかく機会がないと、汗腺が衰えて汗腺の機能が低下してしまいます。

 

多汗症

多汗症とは、発汗が異常に増加する症状ですが、単に「汗の量が多い」という程度では、多汗症とはいえません。けれども、汗に寄り日常生活に支障が出るようであれば、多汗症として治療の対象とされることがあります。

 

その他

脊髄病変や脳梗塞、甲状腺機能亢進症が原因で、多汗症状があらわれることがあります。思い当たるような原因がなく、重い症状が続く時には、早めに内科で相談するようにしましょう。

 

顔汗体質を改善する5つの方法

顔の汗は人目につきやすいこともあり、「顔汗が気になって外出が億劫」「夏は誰にも会いたくない」と深刻に悩む人もいます。

それでは、このような顔汗はどのように改善すればよいのでしょうか。

ここでは、顔汗体質を改善する5つの方法をご紹介します。

 

汗腺トレーニング

一番の顔汗予防は、「良い汗」をかくこと。

いつも暑いところに住んでいる熱帯地方の人は、実はあまり汗をかきません。長年暑いところで生活していると、基礎代謝が低くなって、汗そのものを書く必要性が少なくなるからです。しかも、暑いところで生活していると汗腺の機能が高まり、少しの発汗でも体温調節ができるようになるのです。

ですから、日頃から1日30分程度の有酸素運動をして、汗腺を訓練しておくと、汗をかきにくい体質になれることができます。

 

制汗剤

のぼせとともに、上半身に大量の汗を書く場合には、制汗剤を使って汗対策をするのもおすすめです。

ただし、制汗剤は医薬品ではありませんので、上手に使いこなすことが大切です。身体に用の制汗剤殺菌作用が強く、顔に使うと肌荒れの原因になってしまうこともあるので、顔汗に制汗剤を利用する場合には、顔にも使える優しい成分の制汗剤を選ぶようにしましょう。

 

薬物療法

抗コリン剤などの発汗を止める薬物が、汗を止めるのに効果的な場合もあります。また、精神的なストレスが理由の発汗の場合には、安定剤や抗うつ薬を服用することで効果が出ることもあります。

ただし、便秘や脈拍の増加、瞳孔の異常など様々な副作用が起こることもあるので、専門医の指導を受けながら、慎重に服用するようにしましょう。

 

ボツリヌス毒素注射法

ボツリヌス毒素を皮膚に注射すると、発汗神経に作用してアセチルコリンが放出されるのを阻害して、汗の分泌を止めることができる場合もあります。

ただし、保険診療は認められておらず1回につき平均9-10万円の費用がかかります。

 

交感神経ブロック手術

交感神経ブロック手術は、外科的な措置で、とくに手のひらの多汗に効果があるとされていますが、顔や頭の汗にも効果的な場合があります。この手術の発汗抑制の効果は高く、ほぼ100%といわれていますが、副作用が問題となることもあるので、注意が必要です。

 

「顔だけ汗の原因」まとめ

以上、顔だけに汗をかく(顔汗)の原因や対策方法についてご紹介しました。

上記で紹介した以外にも、食生活を見直すだけで症状が改善されることもあります。アーモンドやピーナッツなどのナッツ類やウナギ、緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンEは、のぼせにも効果があるとされています。ホルモンバランスを整える食材は、積極的に摂取するようにしましょう。