30代女性女性の悩み「彼氏から、『顔が脂くさい』と言われた」

admin 顔汗対策

最近「顔の汗が脂くさいと言われた」と悩む20代~30代女性が増えています。

「顔汗が脂くさい」「汗の皮脂がベトベトしている」と感じると悩む女性は、とくに30代女性に多いようです。「まさか、30代女性が加齢臭?」と驚くかもしれません。

確かに、一般に女性は男性よりも皮脂の量は少ないですし、男性より肌ケアを小まめに行っていますので、女性には加齢臭が出にくいものです。

けれども、女性も年齢を重ねることで、加齢臭のようなにおいが出ることがあります。

 

「顔が脂くさい」その原因は?

一般に女性は、男性よりも皮脂の量は少ないので、加齢臭が出にくいものです。

けれども、仕事が忙しかったり家事が大変だったりして、ストレスがたまると、それが原因で汗腺が衰えてベトベトした汗をかいたり、脂っぽいにおいが増えたりすることがあります。

 

自分のにおいは気づきにくい

顔の脂くささは、自分では気付きにくいもので、家族や恋人から、「顔が脂くさい」と指摘されて初めて気づく女性がほとんどです。

これは、自分のにおいに慣れてしまって感じなくなってしまうためです。

もし「顔が脂っぽい」と気になった場合には、人差し指で汗をかいた額などを強くすると、指先にしっとりと脂がつくので、そのにおいをかぐとにおいに気づくことがあります。それでも自分で気づかない場合には、においについて教えてくれるパートナーや友人を探して相談してみるとよいでしょう。

 

30代は皮脂の分泌量が多い

単なる「汗くささ」とは違う「脂っぽいにおい」は、人間が出す皮脂が酸化することで発生します。

そして、「脂っぽいにおい」の元となる皮脂の分泌量は、30代がピーク。分泌された多量の皮脂自体はそれほどにおいがありませんが、この皮脂が汗や古くなった皮膚と混ざって時間が経るにつれて酸素などによって酸化して変質し、においが発生するのです。

 

確かに10代~20代の方が新陳代謝が活発に行われるので汗の量は多いのですが、10代~20代の汗には脂くささはなく、「ツン」としたにおいが特徴です。

けれども30代になると、皮脂の成分が変化します。そのため、汗のにおいにも変化があらわれ、脂っぽいにおいのする汗をかくようになるのです。

 

「脂くさい顔汗」を撃退する5つの方法

脂くさい顔汗をおさえるためには、いくつかの方法がありますが、ここではそのなかでも効果的な3つの方法をご紹介します。

 

1. 石鹸を変える

洗顔剤には、一般的に固形と液体の2種類があります。

洗顔剤ごとに性能は異なりますし、人それぞれ肌の悩みは異なりますので一概には言えませんが、皮脂を抑える効果でいえば、固形のスープの方が皮脂を抑える効果は期待できるといえるでしょう。

とくに皮脂が気になる人は、殺菌剤入りのソープを使うことで、保父の菌をすばやく死滅させ、殺菌効果を持続できる場合もあります。

実際「固形ソープの方が、洗い上がりがさっぱりする」という人は多いようです。

 

2. 保湿

においの元となる汗は、皮膚の上で蒸発して体温を下げてその結果として汗が少なくなります。ですから、汗がでるたびにごしごしと汗を拭きとってしまうと、汗が皮膚の上で蒸発することがなくなり体温を下げることができなくなってしまいます。

そして、結果的に汗をどんどんかくようになり、においも発生しやすくなってしまうのです。

汗をかく場合には、流れるような汗だけふきとりようにして、皮膚はしっとりと保湿された状態を保つようにしましょう。

においが気になる場合には、湿ったタオルでふき取るようにすると、においがが水分に溶けるので、汗とにおい両方を抑えることができます。

 

3. 制汗剤

制汗剤は、30代の脂っぽい汗を防ぐだけでなく、においを抑制する効果も期待できます。最近は顔用の制汗剤で、汗とにおいを上手にコントロールする女性が増えています。

顔用の制汗剤は、汗だけではなく毛穴を引き締める効果もあるので、汗腺の中で雑菌が繁殖してできる吹き出物などの皮膚トラブルを改善する効果も期待できます。

 

4. 食生活の見直し

食生活を見直すだけで、汗のにおいを完全に抑えることはできませんが、脂っぽいにおいを抑えるためには、脂肪分の多い食べ物の摂取を控えることは大切です。

動物性の油は避けて、オリーブオイルや魚の脂身などを意識して摂取するようにしましょう。

 

5. 適度な運動習慣

においの元となる汗を抑えるためには、「いい汗をかくこと」が大切です。

発汗を促すウォーキングやストレッチなどを日常的に行いながら、いい汗をかきやすい身体づくりを心がけましょう。

 

「脂くさい顔汗の原因と対策」まとめ

以上、脂くさい顔汗の原因と対策についてご紹介してきました。

どの対策方法も、すぐに効果が期待できるというわけではありませんが、「急がば回れ」という言葉もあります。

ひとつひとつの方法を無理なく日常生活に取り入れながら、気持ちをゆったりと持ってにおい対策を行うことをおすすめします。