顔汗の放置は肌に悪影響?!顔汗対策のまとめ

  admin 顔汗対策

今年の夏は例年になく暑い日が多く、熱中症で搬送される方も多数いました。

熱中症対策はバッチリでも、顔汗対策は暑いとどうにもできないと諦めがちですが、

かいた汗を放置しておくとお肌に深刻なダメージを与えてしまう可能性があります。

理由と対策をまとめていきます。

 

顔汗の放置は、なぜ肌に悪いのか??

汗は本来体温を下げるために出す、身体の防御機能の一つです。

体温が上がり過ぎると熱中症になったり、ひどいときには死に至ってしまいます。

汗を出して体温を下げることは大切なことですが、実はかいた汗を放っておくと肌にダメージを受けてしまいます。

 

汗は肌のバリア機能を奪う

汗の約99%は水です。その水分が蒸発する際に、肌の潤いを守っている細胞間の物質も蒸発させてしまします。

肌の潤いが失われてしまうと、紫外線の影響を受けやすくなったり、チリやホコリの外的要因が直接肌に触れてしまい、ダメージを受けやすくなってしまいます

そうなってしまうと、肌にどんどんダメージが蓄積されてシミやシワの原因にもなってしまいます。

 

細菌などの繁殖の温床となる

これは敏感肌の皆さんが経験したことがある出来事だと思います。

汗はほとんどが水分ですが、汗とともにアンモニアや皮脂なども分泌されます。

これが、細菌など雑菌のエサとなり過剰に刺激を与える原因となってしまう可能性があります。

肌のバリア機能が正常に機能していれば炎症などは起こる可能性があまりありません。しかし、風邪と一緒で、身体や肌が弱っている時に刺激が加わると、普段は何でもない細菌でも過剰反応が起きてしまう可能性があります。

これが元でかゆみや赤み、発疹が出てしまう可能性があります。

 

この通り、かいた汗の放置はトラブルにつながりかねない要因がたくさんあります。

こまめに汗の処置をした方が良いのです。

 

顔汗の対策

顔汗の対策は一時的なものから半永久的なものまで様々です。

それぞれの特性や、どうしても止めたいのか、はたまた少しの間おさまれば良いのかで使い分けていってください。

ハンカチ

もっとも簡単な顔汗の対策です。ポイントは強く拭かない事です。

汗をかいて刺激を受けやすくなっている状態の肌をゴシゴシ拭いてしまうと、細かな傷がつきやすくなってしまいます。

そこからシミやシワの原因になってしまいますので、優しく吸い取るように使用してください。

また、乾いたハンカチで汗を拭くと汗が蒸発しません。汗は蒸発する時に熱を発散させるので、汗をこまめに拭きすぎるのも実はよくないのです。

できるだけ濡れたハンカチを持ち歩く事で、拭くとひんやり気持ちよく、尚且つ水分が蒸発して体温を下げてくれるのでおススメです。

ツボ押し

こちらも比較的お金がかからず、簡単な顔汗対策となります。

満員電車などで周りの人は汗をかいていないので、どうしても汗をかきたくないという時などにおススメです。

 

保冷剤

首筋など血管が太いところを冷やすと、体温が下がり汗が引きやすくなります。

ただし、保冷剤は長時間効果が続かず、カバンなどが濡れてしまう可能性もあるので注意が必要です。

顔の制汗剤

最近では、顔に使える制汗剤も販売されています。

ワキや身体に使う制汗剤と比べると肌にやさしい成分の為、半日程度顔汗の対策をしたい方にはおススメです。

漢方

即効性はありませんが、数か月~半年程度で身体を改善していきます。詳しくはこちらの記事を読んでください。

値段が高くなる事がデメリットですが、身体自体の治癒能力の向上など副次的な効果も期待できます。

 

サプリ

こちらも即効性はなく、栄養の補給により汗をかきづらくします。

継続的に栄養を補給しなくてはいけませんが、根本的な対策をしたい方にはおススメです。

 

ボトックス

顔汗の対策では保険が出ませんので、高額な治療代が必要になりますが夏の間汗をかきたくないという方にはおススメです。

こちらの記事でもありますが、効果が人によってばらつきがあり、1ヶ月~半年間とかなり差が出てきます。

医薬品

上記の他の手法よりも確実性がありますが、効くものには副作用があります。

体液の分泌を止める成分が入っていますので、汗の他に涙(目の渇き)、唾液(口の渇き)や胃液(消化不良)が起きる可能性があります。

また、汗を止めてしまうので、汗の元々の役割である『身体の熱を冷ます』ことが出来なくなります。

つまり、熱がこもってしまい、それを放出できないので熱中症になる危険が増してしまいます。

それでも、上記の方法が効かなかった方にはおススメの方法です。

 

手術

顔汗対策の最終手段といっても良いと思います。

発汗を促す神経を切断(もしくは止める)事で、汗をかかなくさせます。

高額な費用が掛かりますが、どうしても顔汗でもう悩みたくないという方にはおススメの手法です。

 

顔汗の放置は肌に悪影響?!顔汗対策のまとめ

顔汗の放置は肌が荒れてしまう原因になり、それがもとでシミやシワができやすくなります。

老けて見られてしまうばかりか、出来た傷の中に更に汗をかくことで、更に皮膚炎が悪化してしまう可能性もあります。

 

そうならない為にも、適切な対策を行い肌を清潔な状態を保てるようにしていきましょう。