【冬の顔汗対策】ドロドロになりがちな冬の顔汗の解決方法とは?

admin 顔汗対策

夏に比べると、冬は汗をあまりかきません。

 

その為顔汗対策を怠りがちですが、実は冬の汗は夏に比べてギトギト・ドロドロしがち。

場合によっては、夏よりもダラダラと汗が噴き出てしまう可能性もあります。

また、乾燥しがちなお肌をさらに乾燥させてしまう原因にもなってしまいます。

 

適切な汗のケアを行うことで、汗の量を減らして冬も快適に過ごしませんか??

 

 

1. シーン別 冬の汗のお困り場面

1-1 電車(温熱性発汗)

朝の通勤電車や、帰宅時の電車は意外に暖房が効いています。

駅に向かうまでや、駅から目的地に向かうまでが寒いのでコートやセーターの下に何重にも服を着こみがちです。

外だとそれぐらいでも寒く感じたりしますが、暖房が効いた車内に入った途端に汗が出てくることがあります。

 

周りの人は全然汗をかいていないのに、私だけ汗をかいていてハンカチで汗を拭いてる姿をジロジロみられている・・・・

 

そんな体験1度や2度あると思います。

 

夏と異なり汗をかくことが少なくなるので、やはりそういった状況になると周りの目を気にしてしまいますよね。

これは更年期になるとより顕著にみられる傾向があります。

『ホットフラッシュ』といった突然ののぼせや、ホルモンバランスの変化でそもそも体調がすぐれていないので

より注意が必要です。

 

1-2 会社や屋内(温熱性発汗)

電車と同じく寒いところから厚着で暖かい場所に移動すると、どうしても避けられない現象です。

かといって、薄着で外出すると寒すぎて風邪をひいてしまう可能性もあります。

特に我々女性は冷え性の方が多いので、末端神経が多い手足の保温はとても重要です。

無理に薄着するより、他の方法で汗対策を考えましょう!

 

1-3 緊張するとき(精神性発汗)

緊張すると汗をかくのはこの記事を読んでいる方ならもうご存知の方も多いと思います。

これは精神的な発汗で、ストレスから自律神経のバランスが崩れて汗をかく事が原因ともいわれています。

面接やお客様と会う際などいろいろな状況が考えられます。

冬だと、厚着+エアコン(温熱性発汗 由来)のせいで夏よりも更に大量の汗をかいてしまう事が多くなります。

 

そして、冬の汗の最大の特徴は、ネバネバしている汗が中心で乾きづらく、臭いやすいという点です。

『スメハラ』という言葉が一時流行っていましたが、まさに冬の汗こそ最も注意しなければいけません。

 

2. なぜ冬の汗はネバネバ・ドロドロして臭いやすい?

夏と比べると、冬は汗をかく機会が少ないため汗を出す元の『汗腺』がお休みしている状態です。

汗が出ない状態ですが、動いている汗腺に汗が集中するので、そこから本来他の部位から出るはずだった汗が

ドッと出てしまいます。

 

アンモニアやミネラル成分が濃縮された汗は非常にネバネバ・ドロドロとしています。

アンモニアやミネラルは臭いの元となる、雑菌のエサになります。

つまり、エサが夏よりも大量にある為、臭いが発生しやすくなります。また、蒸発しづらい汗なのでより不潔にみられてしまう可能性もあります。

 

それではネバネバ・ドロドロ汗を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

 

3. 冬の顔汗対策

3-1 半身浴

いい汗をかくためには汗を止める対策だけでなく、汗腺を鍛えることも重要な要因です。

そこでおススメは半身浴です。

詳しくはリンク先の記事を読んでいただくと、おススメ半身浴の方法が載っています。

 

私は週1回の半身浴を行っていますが、実は夏に汗をかいた時に全然べたべたしませんでした。

なかなか時間を作ることが難しいという方もいると思いますが、冬の時期だと身体をポカポカさせるので冷えの予防にもなります。

私の場合は

・歯を磨きながらお風呂に入る

・スマートフォンを防水ケースに入れて、音楽やテレビ番組を見る

・アロマオイルを入れて、リラックスする

といったパターンが多いです。

 

何かと一緒に半身浴をすることで時間が作りやすくなるのでおススメです!

 

3-2 有酸素運動を行う

半身浴と共に効果が高いのが、有酸素運動です。

共に行うと更に効果が高いですが、ジョギングやウォーキングなどで軽く汗を流すだけでも汗腺を鍛えることができます。

 

美容や健康にもいいので、こちらもおススメです。

 

3-3 サウナ

そんな時間もないという方は、お休みの日にサウナに行ってみるのはいかがでしょう。

1時間の間に、サウナ→水風呂→サウナ→水風呂といったサイクルで入って、強制的に汗をかかせることも有効です。

汗腺が閉じて、開いてを繰り返すので、他の方法よりも効果的に鍛えることが可能です。

 

4. 他にもある冬の汗の弊害

冬のお肌の大敵は『乾燥』です。

保湿を怠ると、肌がガサガサになったり割れてしまい血が出るといったことがよく起こってしまいます。

 

夏でもご紹介しましたが、かいた汗を放置しておくと乾燥の原因になります。

冬は更に乾燥しているので、肌がダメージを負いやすくターンオーバーが乱れてしまい

シミ・くすみなどが増えてしまう原因にもなってしまいます。

 

また、『時々敏感肌』という言葉を聞いたことはないでしょうか。

いつもなら何でもないのに、お化粧などを行うと急に肌が荒れてしまう方が最近多くなっています。

 

こちらも乾燥が原因の一つです。

肌がカラカラになってしまうと、内部のうるおい成分がどんどん少なくなってしまいます。

 

うるおい成分はバリア機能の役目もありますので、乾燥するとバリア機能が低下してしまいます。

その状態で埃や紫外線に晒されてしまうと、お肌にダメージを受けやすくなります。

こうなってしまうとお肌ケアに使用している基礎化粧品などでも『肌に害をなす刺激物質』と肌が勘違いして

赤みや腫れなどが起こりやすくなります。

 

一度こうなってしまうと、肌を正常な状態に戻すまで刺激に弱い状態となり悪循環が続いてしまいます。

そうならない為にも、顔汗のケアは冬場でも大切なお肌の為の防御策です。

 

しっかりと悪い汗をかかないように対策を行い、汗をかいた場合は速やかに拭いたり処理を行いましょう!

 

 

まとめ

冬は汗をかかない環境と思いがちですが、意外に汗をかいています。

ドロドロ・ベタベタの汗は悪臭の原因となり、肌を乾燥させて敏感肌にさせてしまう可能性があります。

 

保湿+顔汗ケアは冬でも必要な対策なので、ハンカチ、ミスト化粧水、乳液などで保湿できるようにしましょう!